・・・気をとりなおして。
 
昨日は、三重県伊賀市の上野森林公園にハルリンドウを見に行った。
上野森林公園はもともとの里山や湿地を生かしたまま公園整備されたところで、園内の植栽は限られていてほとんどの植物が自生の状態を保ちつつ適切に保護されている。
 
何しろハルリンドウというものを見たことがないので、どんな規模で生えるものか全く見当もつかず、公園内ということもあるしちょこちょこと見られればいい方で、もしかすると見つけられないかも?なんて思いながら出かけたのである。
 
駐車場横にあるコテージで地図をもらってぐるぐる園内を歩いた。
四の五の書かずに、写真を見ていただこう。
 

まず最初に見つけた個体。
もうひとつ別の個体もあって、他につぼみのものがもうイッコ。それでも、あんなトラブルがあってせっかくここまできて会えなかったらサイテーだと思っていたので、会えてよかった~、と思った。


次に見つけた場所はいくつかお花が点在していて、うわ~、群落だ~と喜ぶ。
このフォトジェニックな子を撮ろうとして這いつくばり肘をついたら肘がぬかるみで濡れる。日当たりがよく、湿っているところが好きなお花なのだ。
 

「この先通行禁止」と書かれた向こう側にあったお花。かなりの群落になっていて行って見たかったけれどグっと我慢。
 

うわ~~、うわ~~~!いっぱいだ~~!!

期せずして、地図に示してくれてあるハルリンドウの自生ポイントの中から一番花の少ない場所から私たちはたどっていたらしい。道を進むごとに花数が増える。
 

一番花数の多かった株。これも「涙色の花束」だ。
 

地上の星々だ。

気持ちの良い陽春の日、若葉萌えて目においしい浅い緑たち。美しい青の星々。来年の春までの分の喜びを胸にストックできたみたいな気持ち。
 
他のお花もちょっと。
 

コバノミツバツツジ。名阪国道をこの季節通ると、奈良から三重への県境はまるでコバノミツバツツジの通り抜けみたいに道の両側この花で彩られている。この公園の中もたくさん。残り咲いたヤマザクラとのコラボも美しかった。
 

ウワミズザクラも満開。他に、初めて見たのだけれど、ザイフリボク(ジューンベリーのお仲間)が満開だった。
 

どこかのブログでここにはあると聞いて会えるかな?と思っていたヒメハギにも会えた。

嫌なこともあるけれど、どうしたって楽しいことうれしいこともやってくる。
嫌なことを避けていたら、喜びからも自分を遠ざけてしまう。
私はガツガツと生きたい。

Comments are closed.

Post Navigation