今週は夫の休みが今日に振り替えだったので、ロープウェイで金剛山に行ってきた。洞川はまだ混むかもしれないし、昨夜カホコを見てから寝ると早起きできないから。
 
靴をワンサイズ大きくしたので下りが楽になったのだけれど、やっぱり右足の中指の爪が人差し指の横腹に刺さって流血沙汰。
爪切りさぼっちゃったからかな。5本指ソックスにした方がいいかな。

久しぶりに歩いたせいかバテバテ。もう眠気が・・・


会いたかったフシグロセンノウ。今日はまたいろんなお花に会えた。

年を取ったら、本は熟読なのだと中学の国語の時間に教わったけれど、いまだに乱読だ。

SNSでどちらかが「難しい本」だと書かれてあって興味をそそられ尼で中古で取り寄せた「森の木の100の不思議」という本を半分ほど読んだ。1テーマ2ページのざっくりした本でいわばコラム集のような感じ。もっと論文っぽいような内容でとっつきにくくて読みにくいのかな?と思っていたので意外。普通に面白い。
 
図書館から予約図書の連絡が来たので今日借りてきた。予約していたのは「宮辻薬東宮」という本。宮部みゆき・辻村美月・薬丸岳・東山彰良・宮内悠介の5人がアンソロジーをつなぐ話で、宮部みゆきと辻村美月の分だけ読んだ。薬丸岳は著作を確か全部読んでいる。あとの二人は未読。宮部みゆきは恐ろしく陰惨な話なのでゾーーーっとした。
図書館では他に2冊借りている。
 
それからもうだいぶ前に尼で頼んで在庫切れだった本が今日届いた。「未来からの遺言 ある被爆体験者の伝記」という本。これは乱読はしたくないから他のを片付けてからじっくり読もう。

読める本は限られていて、読みたい本はまだまだいっぱい。人生は短い。

さっきちょっと外を歩いてきた。蚊取り線香の香り。ねっとりと暑い日没後の空気。虫の声。半分だけのお月様。
也々がいたらなぁ。


植物園で拾ったタネからの、トウガラシ。

最初に、予告なしにミサイル発射を強行した北朝鮮の暴挙を断じて許容しない、ということを明らかにしておいて。

それでも日本政府の対応に大いに疑義を持たざるを得ない。
国民保護情報という、情報と呼ぶのには極めてお粗末なものをだらだらと垂れ流す意味はどこにあるのか。
ミサイルが、着弾するのか上空を通り過ぎるのかも明らかにしない、警戒を呼び掛ける範囲のあまりに精度の低い広さ、その上首都圏だけ巧妙に外されている。
ただただ不安と恐れ、敵対心をあおるだけで、国民の安全を期したものとは到底思えない。
 
そもそも、上空550㎞(スペースシャトルよりも高高度)を飛び、日本の領海どころか排他的経済水域よりはるか外に着弾したミサイルに何の脅威があるというのか。なぜそのために鉄道の運行をやめたりするのか。
それがもし脅威だとしたら、なぜ原発は止めないのか。
やっていることがちぐはぐすぎる。

不安をあおられて案の定、ネトウヨだけでなく、ごく普通の人たちが「ミサイル撃ち落とせ」だの「金正恩など暗殺されればいいのに」だの「北朝鮮をやっつけろ」だのSNSで発言している。
 
これが日本に着弾したものなら、はじめから日本を狙ったものであるのなら、そういう心情も理解できるし、「専守防衛」もありうるだろう。だがわかっているのだろうか?もし、このミサイルがアメリカを狙っていたり、あるいは実験であっても、それを打ち落とすようなことをしてしまったら、日本ははっきりと、北朝鮮に敵対する国となって軍事攻撃の対象となるのだ。
なんで、自分が狙われているわけでもないのに、わざわざ憎まれて戦争に引きずり込まれて何になる。
 
政府の目的はこの「外患」によって支持率をあげたいということだ。戦争法を通し、共謀罪を通し、憲法改悪に執念を燃やし、自分のお友達と仲良く私腹を肥やし、そのために、立憲国家が人々の血と汗と努力で累々と築き上げてきた法と秩序による手続きを何から何まで踏みつけにしているこの政府が、この国に暮らす様々な人たちを分断させ、幸福な暮らしを維持するシンプルな道のりを踏み誤らせ、ますます自分たちの思い通りの政治を続けようとすることだ。
こんなに簡単に目に見えていることなのに、どうしてわからないんだろう。どうしてやすやす引っかかるんだろう。

キヨシローは「きみ一人じゃない」と言ったけど、この夢を見てるのは私一人なんじゃないかとこの頃思える。
戦争も貧困も差別も偏見もない世の中にいつかなること。

洗濯機のピロピロワカメを退治した後、毎回必ずゴミクズネットからごみを捨てて洗ってから設置し、槽内乾燥をする。
これで、カビは抑えられているのだろうか。

槽内乾燥をするようになって便利になったことがある。
我が家の洗濯機は柔軟仕上げ剤の投入口がついているんだけれど、いつもその時々の槽の回転の具合で投入口の位置が変わり、しばしば柔軟仕上げ剤を入れにくい場所にくることがある。その時は洗濯槽を手動で回しているのだけれど不便この上なかった。
それが、槽内乾燥をするようになったら、必ずほぼ同じ柔軟剤を入れやすい位置に投入口が止まるようになった。
もともと槽内乾燥はしないといけないような設計になっていたのかもしれない。とほほ。

バラの「ロックンロール」に、カイガラムシがいっぱいで、今朝歯ブラシで取った。汗びちょびちょ。はやく涼しくならないかなぁ。


ずっと暑すぎて、明け方に根が水を十分吸えないらしくて、開けなかった朝顔。このごろまた開くようになった。

fbで「友達」になった、ごく普通の「善良」な人たちが、ごく当たり前のように南北朝鮮の人や中国の人に偏見を吐く様子が嫌で嫌で。
みなさんそこそこに裕福で教育もそれなりに受けてきているはずなのに。
そりゃ、twitterで見るような、吐き気を催すような憎むべき罵詈雑言(あるいは獣の吠え声のような)はさすがにないけれど、ごく普通の人のそうした差別や偏見がああいった者たちをこの国に許容し育むのだ。
 
歴史が塗り替えられていく様を日々見ている。理性も知性もないこの国。日々絶望。