・・・断じて言っておくけど、私は源クラじゃありませんことよ。ドラマとニューシングル関係でやたら紙媒体に露出多いけど、とりま全部買う、なんて見境ないことはしていないので。これはページ数多めだったのでコスパいいかなと思って(言い訳)。

美醜に対しての人の感じ方はいい加減なものだなぁと思う。どうも星野源はイケメン枠の方にジリジリと動いているかのような扱いで。
「見られること」をちゃんと意識した人がそれなりの装いをして(スタイリストにきれいにしてもらって)、よく見える刹那を切り取ってもらうと、十分にビジュアルな存在になれるものなのだ。
盛らない自然のままが一番ステキなんて嘘で、やはり他者の持つ印象を左右するのはどれだけ上手に盛るか、なのだろうな。

話は変わるが。

ペンキ塗りした。洗面所のタオルなどを入れてある安物の籐のチェスト。天板部分がハゲハゲだったので前から100均で買った樹脂のランチョンマットを敷いていたんだけど、なぜかそのマットがふくれて波打ってしまって上に物が置けないので困っていて、小さなタイルを貼ろうかなとか考えつつ結構コストがかかるので放置していて。
ドアの框の取り換えで買ったペンキが余っていたので塗った。カラッとしていて暑いのですぐ乾いた。
 
今日の空は極上。真っ青。奈良は梅雨明けしてだいぶになるけど、梅雨明け後も曇りがちで雨も多かったので今日がホントの梅雨明けみたいな気がしてる。
買い物帰り、田んぼの青い稲が風にそよぐ波がキラキラして美しかった。


梅雨時に衝動買いしたバラの「ディスタントドラムス」。

今月は皆勤賞など狙ってみようと思っている。夏休みだし。
 
秋に植物園に行ったときに落ちているタネをいろいろ拾ってきた。
ダメモトで蒔いたら育っている。お花の咲いたのは1種類だけ。おいおい咲いてくれるだろうか。
挿し木、これはもちろん家にある植物のだけれど、いろいろしてみた。アジサイ3種・クレマチス・ガイラルディア・またまたマーガレット。これらはついた。それからバラも水挿ししてカルスができたのでロックウールにぶっ挿して腰水している。
キク科って挿し木成功しやすいから、エキナセアも挿し芽してみたんだけど、ネットで調べてもエキナセアが挿し芽できるとは書いていない。木質化しないキク科は挿せないのかな?とりあえず様子見。
ガイラルディアは去年タネ播きしたダズラーミックスで成長が遅くて去年咲かなくて、今年は木質化してしまってひどい草姿になった上に、頂花が付いたら枯れてしまうので枯れる前に挿したものがついた。多年草なのにどうして枯れるんだろう?枯れるはずのものならどうして挿し芽ができるんだろう。

庭仕事は盛夏はお休みだから、梅雨明け前から猛暑が続く折、いろいろ掃除などしていた(いつものドウツ仕様)。
こないだの日曜日には懸案の風呂場のバスコークの仕替えをした。サッシのドアの框(かまち)の板が腐っていたのも気になっていたのではつって新しい板を取り付けた。
月曜日は台所の掃除を。いろいろいらないものを捨てて模様替え。
 
一日中、自分の体を持て余している。腕に抱くものがいないということは何と空疎なものだろう。
しかし、その空疎を抱えて生きていかなければいけない。


拾ったタネ開花一号の、キバナワタ。


ご長男(細野さん)が見えないようだが・・・

「過保護のカホコ」は初回から見ている。充希ちゃんだし、主題歌星野源だし、で、はっきり言って脚本にはなんにも期待しないで(だって、「純と愛」の人だし。)見始めたけれど、充希ちゃんのものすごい怪演でグイグイ引っ張る。やっぱり脚本はウザイけど(麦野くんのセリフがクサイ。表層だけの「モノを考えてる風」が鼻につく。人物描写の薄っぺらさ)、充希ちゃん見たさだけでおしまいまで脱落せずに済みそう。
 
朝ドラの脚本の岡田惠和は「奇跡の人」もよかったし「泣くなはらちゃん」もすごく好きだったんだけど、朝ドラは「おひさま」が面白くなくて脱落したのでなんかイメージが付いちゃってるからか、キャストも描いている時代もいいのに結局脱落した。再放送とかしたら見るかなぁ・・・
 
無料配信ドラマに味を占めて、コードブルーの1st・2ndシーズンを全話見たりして、fbはもうめんどくささが飽和状態でやめたいなぁと思ってる。いろんなことが煩わしく、やっぱ私は壁の中が居心地いいなぁ。


奈良に来た頃、伯父がくれてしばらく庭植えしてあったけど枯れてしまったダブルの絞りの桔梗がずっとずっと欲しくて、先日ヤフオクで落札した。
殖えるといいな。