昨日(8月31日)、ロープウェイで金剛山に登った。山上駅から葛木神社まで行って、12時にライブカメラの静止画像に写って、伏見林道から下った。


駐車場の男子トイレにいたナナフシ(手は夫)。調べたらエダナナフシのオスだった。ナナフシはオスを見つけるのが大変と何かで読んだけど、この種類はふつうにオスもいるらしい。でも寒いところだとメスだけで単為生殖するらしい。不思議。


ミズタマソウ(アカバナ科)。間違えて覚えていたぞ。


フシグロセンノウ。何年も会う機会なくて会えてうれしい。


何のウリかなぁ?トホシテントウが食ってた。


キンミズヒキ。山頂ではこの子が一番賑やかだったような。


トチバニンジンの実。


なんとかボクチだよなあ。もしかして、生石高原で見そびれたハバヤマボクチかなぁと思って帰宅して調べたら、キクバヤマボクチというものだった。葉っぱの裏が綿毛で白くて触ると指がすべすべする。見た目はゴボウみたい。


ゲンノショウコ。山頂では、白いの優勢で赤いのはちょっと。


ダイコンソウ。このお花はいつもきれいに撮れない。むずかしい。


ツリフネソウ。伏見林道にいっぱい咲いてた。茎が毛むくじゃらで、お花は油を塗ったみたいにテカってて。


初めて見たお花、フジカンゾウ。ヌスビトハギの仲間で、他の仲間と同じくらいのサイズかと思っていたら倍ほどの背丈。葉っぱも藤の葉のような大きな複葉。すごく可憐だったのにあまり上手に撮れなかった。


これも初めて見た、ヤマホロシ。いい色のお花。


会えるかなどうかな?と思っていたので会えたら大騒ぎしてしまったアキギリ。こんなに背高く咲いたらサルビアそのものだ。

クサアジサイもきれいなお花をたくさん見たのだけれど全然まともに撮れなかったので残念。トリカブトにも会えなかった。
それでも、8月の終わりの楽しい一日でした。

Comments are closed.

Post Navigation