先日、スーパーのレジに並んでいた時のこと。

とても混んでいて、どのレジも開いているのに各レジに7人くらい並んでいた。レジ前の通路は広く取ってあるけれどその半分以上が列でふさがれてしまう。
最後尾に並んだ私(カゴ持ち)の後ろに私と同じくらいの年代の女性が並んだ。その人はカートで、(通路をふさがないようにという配慮だとは思うが)体は私の真後ろではなく、半歩左前に寄せた感じで、カートの先端は私が立っている場所よりレジに近いような塩梅だった。
さらにまた人が来てその女性の真後ろに普通に並んだ。

・・・ちょっと微妙だな、と思った。傍目に見た時に、私と私の後ろに並んだ女性と、どちらが順番が先なのかわかりにくいのじゃないか?
もちろん私はきっぱりと先に並んでいるのであるし、先にレジを済ます正当な権利を持っていると自覚している。後ろの女性が常識的な感覚を持っていれば私を差し置いてレジを先に済ます権利を主張したり強行したりすることはないはず・・・意識せずともそういう信頼の下に私はレジに並んでいる。だから特に「私はこの女性よりもレジの順番が先ですよ」とアピールしたりすることもない。

でも、もしも、もしも、後ろの女性が、「私が先に並んでいたんですよ、この人がズルコミしてきたんです!」と言い立てたらどうなるだろう?
私が並んだところから今現在までの成り行きを客観的に観察していた人などきっといない。今現在の状況を見て、女性のカートの方が私の体よりもレジに近いことがどう判断されるか。強く主張する女性の言い分が周囲に支持され、私がしどろもどろに「私の方が先だったんですよ」と言ってみても聞き入れてもらえないのではないか?

・・・そういう自分の妄想にドキドキしながらレジは進み、後ろの女性は非常識な主張をもちろんすることなく、私のレジの順番はきたのである。

ああ、でも、この妄想は何かに似ている。何かこういうことが実際にある。
で、思いついたのが「南京虐殺」や「従軍慰安婦」や「731部隊」、そして今年からここに加えられるのだろうか「関東大震災における朝鮮人虐殺」だった。
あんまり当たり前のことだからとりたてて主張しない。それらの事件の否定をするような常識のないことをいう人がいるはずもない、と意識せずに信頼していて。そしてそういう非常識が大きな声でキャンペーンを始めてしまったら、正当だと思っているものはなすすべもない。そして、歴史を正しく見ているものの方が不当であるとたたかれる世の中になる。

レジは先に済ませてもらったのに、ずっとずっとモヤモヤが消えない。
 

アイの花咲いた。