日曜日に登った、稲村ヶ岳で見たお花たちを。


こんなものに会えるなんて考えもしていなかった。
図鑑のうろ覚えでたぶんツチトリモチだろうと思い暗い中写真に撮った。
帰宅して調べたら「ミヤマツチトリモチ」らしい。ツチトリモチよりも標高の高いところに生える寄生植物。カエデの仲間の根に寄生するらしい。


テバコモミジガサ。標高の低いところのものはモミジガサなのだけれど、これは葉裏の葉脈が格子状になっていてテバコモミジガサみたいだ。


ヨシノアザミみたい。イカリモンガ(これでも蛾)がとまってた。
アザミは種類が多すぎるし分布が限られていたりするから覚えることができない。


シラネセンキュウ。


咲き始めのミカエリソウ。この登山道はもうじきミカエリソウをこいで上り下りするようになる。


アキノキリンソウ。登山道一番の難所(鎖場と崩落の箇所)の合間にところどころ。


稲村小屋前のトリカブト。何トリカブトかわからず。カワチブシかなぁ・・・?

そして今回の最大の目的。
春にオオミネコザクラを見たところで・・・


シラヒゲソウ。
ウメバチソウと同じくらいのサイズ?と思っていたので背も低くてお花も小さくて(1円玉より小さいくらい)ビックリ。


ちょうど見ごろだったよう。

この辺りは本当にすごい。ミヤマモミジイチゴ、リンドウもあった。クロクモソウを探したけれどわからなかった。

お天気が怪しかったので今回も稲村ヶ岳への登頂は諦めてここでUターン。

往きは暗くてうまく撮れなかったお花を帰りに撮った。
 

ハガクレツリフネ。この季節にここに来たら必ず見ないと。


梅雨時にヤマアジサイを楽しんだ場所で今はツルニンジンが花盛りだった。
 
ちょこっとお目当てだったアケボノソウはまだつぼみだった。