夫の3連休の後、一日置いていつもの夫の休みの火曜日が来て、風が強くてにわか雨の恐れはあるもののそこそこ気温も上がりそうだったのでお出かけすることに。
はじめはまだ見たことのない十円玉もとい宇治平等院を見に行こうなどと言っていたのだけれど、ふいに気が変わってこちらも行ったことのない伏見稲荷に行ってみることにした。
 
朝10時に着いたものの平日なのに駐車場は混んでいる。まだまだ世間はお正月気分なのだな。


鳥居さんと楼門。


向かって左側の狛狐さん。口に鍵をくわえてます。
右側の狛狐さんは玉をくわえているんだけれども、玉は稲荷神の御霊で、この鍵はそれを手に入れたいと願う願望をあらわすらしい。


伏見稲荷というと千本鳥居だけれどその入り口。


千本鳥居をきれいに写したかったけれど難しい・・・風景写真ってホント苦手で。

伏見稲荷は、この千本鳥居を進むと奥社があるのだけれど、そのさらに先に稲荷山という山があり、山道のいたるところに個人の立てた祠がある。全部で1万基ほどあるらしい。これを「御塚(おつか)」と呼ぶそうだ。御塚に参る人のために参道に茶屋があって、軽飲食を提供していたり、参拝のための蝋燭やお札を売っていたりする。


眼力社という少し大きめのお社の横にあった絵馬掛。

途中の大きな茶屋(にしむら亭。俳優の西村和彦の実家らしい)のある四つ辻までは人が多かったのだけれど、そこを過ぎて山頂に向かうと一挙に人がまばらになった。どこも海外からの観光客が多かったのだが、私たちとほぼ抜きつ抜かれつで歩いていたのはご夫婦と中学生くらいの女の子の白人の親子だった。


山頂。稲荷山は「東山三十六峰」の一番南の山らしい。3つの峰それぞれに古墳があって、現在は御塚の中でも大きな上之社・中之社・下之社という神蹟にあてられている。

木々深く苔むした山道にたくさんの石碑と鳥居が、整然とではなく何となく乱雑にぎっしりと建てられているさまは、いわゆる「パワースポット」的な言葉で語るには軽すぎるような、静謐というよりエネルギッシュなものをより多く受け取って、人間が社会を維持しながらより多くの幸いを望む営みを思った。


こんな鳥居が・・・えべっさん(恵比須神)でなくてお稲荷さんを信仰していらっしゃるのね。

お山を下って参道をあちこち見たけれど食べ物屋さんはどこも混雑。車に戻って帰路に食事をするところを探したら、夫が前から行きたがっていた新福菜館の伏見店を発見。


初ラー。おいしうございました。

読んだ本をどうにも忘れるので、年始ということもあるし記録していこうと思う。そのうち続けられなくなるかもしれないけれどそうなれば笑ってくだされ。

1.夜また夜の深い夜 桐野夏生 △
無国籍で母と二人各国を転々と隠れて生きる少女マイコの話。「バラカ」とか、「OUT」のおしまいのところみたいな、世界のどこかの誰にも構われないところでひょうひょうと生きることがこの著者の憧れなのかな?私はそういうの怖いと思ってしまうけれど。
社会的な問題を物語の柱の一つに取り入れることが特徴の著者だけれど、この物語の場合はなんだかこじつけっぽくてあんまりうまくないな、と思った。

2.朝が来る 辻村深月 〇
「赤ちゃんポスト」のような架空の団体を結び目にして、不妊治療の果てに特別養子を希望した夫婦と、無知のために望まぬ妊娠をした中学生の出産後の人生が語られる。
それにしても、やっぱり小学校低学年のうちからきちんとした性教育、ジェンダー教育は必要だとしみじみ思った。

3.殺人犯はそこにいる 清水潔 〇
twitterのタイムラインに、Amazonプライムビデオのオリジナルドラマ「チェイス」が盗用である、という内容のtweetがいっぱい流れてくるので(著者ご本人もフォローしていて、何の使用許可も出されていないとしているので)、ドラマも見たうえで早速図書館で借りて読んでみた。
確かにこれは盗用だわ。
ドキュメンタリーものを読むのは苦手なのだが、この著者の特徴なのか小説のようなとっつきで読みやすかった。
こういう仕事をする人は独特の自己主張があるのかもしれない。終始一人称の文章なのでそのアクの強さに引っかかる人は読むのが苦になるかもしれない。先にドラマを見ていたので、「私」が大谷亮平(逃げ恥の風見さん)にイメージされて困った。
ずっと以前、「文庫X」という本が話題になって、読んでみようかな?と思いながら忘れていて、この本を読み終わってから文庫Xの中身がこの本だったと思いだして、ますます自分の記憶力の低下に自信を深めてしまった(トホホ)。

4.お願い離れて、少しだけ。 越智月子 △
1冊の「毒親本」をめぐっての、大学時代の5人組女子グループのそれぞれの母娘の物語。
そのオムニバス自体が、毒親本のケーススタディのようにチープな感じで、せっかく小説の体であるならば、5人のかかわりをきちんと綾織ることができなかったのだろうかと残念。小説ではなくまんま毒親本にしたかったのかな?

もうお正月気分ではとうにない10日ですが、あけましておめでとうございます。
今年もこんな過疎ブログでよければいつでもお待ち申し上げておりまする。

いつもなら2日から仕事の夫が、職場の働き方改革とかで(これもなんだか不穏な動きではあるが)2日まで休みで、その後、5・6・7日も連休という、ものすごく人並みな正月を過ごさせていただいた。2日までは実家で過ごし、気兼ねなく楽しめる3連休ではあったのだけれど、私の胃カメラやCTの検査が6日に予約してあったので特に外出もできず、5日は一日雨だったしで、だらだら家で過ごすだけの連休になった。
胃カメラの正式な検査結果は3週間後だけどとりあえずざっと見には胃炎しかないそうでホッとした。連休最終日、朝から氷点下だったけれど昼間は気温が上がるということで、開園を待っていつもの公園に鳥活に。
暮れの鳥活ではあんまり会えなかったけど今回はそこそこ会えた。


ジョビ男さん。寒いからかフクフクに膨らんでてかわいい。


アオジさん。あんまり明るいところに来てくれない感じの鳥さんなのに寒かったからか日向に出ていた。


去年はよくシメさんを見たポイントにいたイカルさん。群れでいたのだけれどどんどん飛んで行ってしまった。


目の前のビワの花の蜜を吸ってたメジロさん。この写真だけトリミングなし。


枯れ枝の中のジョビ子さん。
ジョビ子さんと言えばこのごろときどき我が家の庭にも来る。公園や隣の家のピラカンサの藪などを根城にしているみたい。


シジュウカラさん。シジュウカラさんの衣装は色がとても好きだ。


遠いからうまく撮れなかったけどカシラダカさん。今回はちょっと勉強してカシラダカさんとホオジロさんの違いがわかった。お腹の色が白っぽいとカシラダカさんらしい。


頭でっかちでかわいいモズ子さん。

この冬はとっても寒そうだけれど、花が咲くまでまた鳥活で乗り切ろうと思う。