去年は結局、咲いているササユリに会えなかったので、とりあえずフォロー的に大神(おおみわ)神社にササユリを見に行ってきた。


まずは腹ごしらえでひさしぶりの笠そばへ。夫のおごり。
笠のあたりにも以前は咲いているササユリを見たものだけれど、この頃は全くなくなってしまった。人が多くなって盗られたのかイノシシか。

大神神社のささゆり園へ。


入口の近くに咲いているヒメユリ。奈良では本当のところ、ササユリよりもヒメユリの方がまれな植物なのだが。


黒背景になったべっぴんさん。


植栽なので各々に支柱があり、風情はない。

ここのササユリは各地から種子を取り寄せて増殖しているので、生粋の奈良らしい形質のササユリは少なく、背の高いのや低いの、葉の広いの狭いの、色の濃淡、葯の色の赤いの黄色いの、いろいろある。
写真には撮ってこなかったけど、石川県産(とネームタグがあった)のでほぼ真っ白のお花があった。背も高く、なよなよしさに欠けて硬質な感じ。場所により個体差激しいのだなと思う。


私の好きな、深紅の葯の咲き始めの子。ホレボレ。


写しやすい個体はなぜか後ろ向き。花数の多い元気な子。


葯の赤い子。花びらが少しフリルで華やか。


これは奈良では見ない黄色い葯の子で私の好みからは外れるけど初々しくてかわいかった。ヒメサユリっぽい。
(いつもの望遠レンズがおねんね中なので鳥活レンズで撮っていてピンアマになってる)


園の外側から生垣越しに撮った子。葯は黄色っぽいけど色が濃くて咲き始めのきれいな感じでステキだった。

植栽のお花は傷みも少ないけれどやっぱり味気ない。自生の子が見たいなぁとやっぱり思う。でも、以前から知っていた自生地では全然見られなくなってしまった。

Comments are closed.

Post Navigation