6月の末に母親が背骨を折っちゃって(いつの間にか骨折というやつ)、この2か月実家に通っておさんどんをやってたので、文章を書く気力が全然なくて。
今月に入ってから通うのは週一くらいになったのだけれど、まだ骨くっついてないし、血液検査で腎機能もかなり落ちてる(eGFRが30切ってる)のが気がかりだったりで、親の老いに「とうとうやってきたか」「あーめんどくさい」などなどいろいろ思うお年頃だ。
それでもそろそろ、ここの放置プレーはアカンと思ってたのだけれど、夫が原因不明のおなかPで、このところは病人食づくり。しばらくおかゆで今日は久しぶりにふつうにご飯を炊いてる(昨日ゆで鶏を作ったのでそのゆで汁使って海南チキンライスを炊いてる)。

しかし、暑かった。
奈良は盆地で暑いと決まっているので、私は夏に暑いと愚痴を言うことは好ましくないと考えているので普段は言わない。でも今年はさすがに1日に1回くらいは暑いと言っていた。
だって、35℃越えは例年の奈良なら夏中で1度か2度あるかというイベントのはずなのに、連日35℃超、それも37℃とか38℃ってなーーんやそれ!?
これまで、岐阜とか埼玉の熊谷とかの気温に「そんな暑いところで暮らしてたら死ぬ」と他人事に笑っていたが、案外生きていられた。だが、もういい。もう結構。
今朝は嘘のように涼しい朝。このまま秋になればいいのになぁ。
お天気の神様、あんたに実力があるのはもうよく分かったから、もう高温も大雨も強風もかんべんして。


昨日庭に来たルリタテハ。

Comments are closed.

Post Navigation