偽ドラマ「半分、青い」が終わった。

なんだかこの頃の日本は「エライ人がそう主張したらそれでいい」みたいなところがあるので、薬盛って意識なくした女を無理やりホテル引っ張り込んで犯しても「ハニートラップでした」と言い訳するとそれが通ったり、わざと無くした公的文書に「口添えがあった」と書かれていても「私の妻が関係ないと言ってるのだから関係ない」と夫が言うとそれが通ったり・・・と全然納得できないことが、あまりにもあまりにもあまりにもたくさん横行しているので、ヒットメーカーだった脚本家が「これはドラマです」って言うと世間的にドラマってことになってしまうのだろう。

しかし、ここのところ、朝ドラを追う気力が全くなくなってしまっていた私が、なんだかんだ言って(ながら見ではあったが)ほぼ全回見続けることができたのは、ドラマを楽しむのとは違う番組の見方を提示してくれたからなのだろうと思う。
視聴習慣をフッカツさせていただいてありがとうございます。
安藤サクラ主演で名作の予感に震える次期朝ドラをしっかり楽しませていただきます。

一昨日からキンモクセイの香りがする。まだ本格的に開いていないみたいだから台風が去るまでもってくれるかな?
どちら様もどうぞご安全に。

Comments are closed.

Post Navigation