生まれて初めて見るもの。


北近畿豊岡自動車道を通っていて、ところどころにある、四角と十字型のマーク(ピンボケ写真にて失礼)。
等間隔でない。橋のはじまりに四角、終わりに十字がかならずあるけれど、橋でないところにもある場所がある。何のマークだ?

帰宅して調べたら、「投雪禁止区域指定標識」というものだそうで、除雪車が除けた雪を飛ばしちゃいけないところの始まりから終わりを表示するもの(という理解でいいのか?)らしい。そりゃ、橋の下に道や民家があったら、上からドドドっと雪が捨てられてきたらキケンだものな。
雪の降る所に必要なものはいろいろあるのだな。
四角をじゃんけんのグー、十字をパーにみなして、グーパー標識と通称するのだとか。

チョキはないのかな?

今日は内職に専念した。明日から夫が三連休になったので多分内職をする暇がない。
庭仕事はぜんぜんやってない。もうお彼岸だというのに・・・

初夏にドンキホーテで、ビニールパックにぬかとだしが入っているぬか床セットの安売りを買ったのでぬかみそ始めた。
原材料の表示を見たらだしの水にやたら化学調味料が入っているようだったので、だしの水は半分にして、水と塩と、唐辛子と昆布を足した。キャベツの捨て漬けをして2週間ほどでかなり良くなってきたので次々漬けて、夏の暑さも手伝ってかかなりいい味になった。
だから、この夏はせいぜいきゅうりのぬか漬けを食べた。浅漬けばかりだけれど。
この頃は気温が中途半端なので、夕方5時に漬けて翌朝5時に出すとちょっと味が浅すぎる。で、昨日は2時に漬けて今朝5時に出したのだけれど、味はちょうどよかったのだがぬかの方が白く膜を張ってしまった。
12時間ほどでかき混ぜないと機嫌が悪い。今日はからしやらカルシウムやらの配合された粉とぬかと塩を足してやった。
きゅうりももう高くなってきたのでぬかみそもそろそろやめるかな。母親は昔秋になったら塩で厚く蓋をして春まで放置しておいたけれど、私は基本的にバイキンが怖いのでいつもぬかみそは捨ててしまうのだ。
でも、今年のは結構かわいがったので惜しい気がする。


この間の六甲高山植物園の、アサギマダラ。(ここには全部写ってないけど)一度に10頭ほどのアサギマダラを見たのは初めてだ。

朝、google chromeのスタイルが変わっていることに気付いた。いつから?

昨日、おとといと夜が涼しかったので、目覚めてもすぐに眠れた。小間切れ睡眠は変わらないけどトータルの睡眠時間が多い方がマシだ。

このごろ気になる言葉。
「わかりみが深い」。
直截的な言い方をして相手の感情を害したくないので、無理な体言化をした上でその程度がはなはだしいことを形容する・・・というのはわかるんだけれど、そんなに忖度ばっかりしてたら疲れるんじゃないの?と思う。逆に自分にとってマイナスにならないの?
「わかる!」
じゃダメなの?

朝から雨だったのでたっぷり内職をしてから買い物に行き、またちょっと内職をして図書館に読み終わった本を返しに行ってきた。
そして、順番が回ってきた予約の本「ペインレス 上」(天童荒太)を借りてきた。
天童荒太の本、根っこのところで好きじゃない。宗教がかっていて。でも読む。

夫がトイレに置きっぱなしの本もトイレに行ったとき読んでいて、この間までは「神去なあなあ夜話」(三浦しをん)を読了し、今は「東慶寺花だより」(井上ひさし)を読んでいる。
小間切れのことを、ちょっとずつ、進める。


星田英利(ほっしゃん。)がtwitterでつぶやいてた無限に食べられる油揚げが売ってたので買ってきてみた。
でも私は、どん兵衛の油揚げ、特に好きじゃない。さて、どう使おうか。

私はだるまさんだったわけだけど、せっかく選挙権を持ってる方々のうちかなり多くの人がヂゴクスイッチを押しちゃったんだね。ご愁傷様。

ほんとに、あんなので、いいと、おもってんの??

どんなヂゴクに招待してくれんの?

まあ、将来のヂゴクのことはさておき。

雨でどこにもでられなかった。内職はしたが根を詰めると目が疲れるのでそこそこにして、「透明なゆりかご」の9話と、「ママゴト」の3・4話を見た。
「ママゴト」、原作も読みたいな。


六甲高山植物園のレイジンソウ。