昨日、山の辺の道で蛇に出会った。30㎝くらいしかないアオダイショウの子ども。


そそくさと逃げて行った。

帰宅して、庭の水やりをしていたら、ピンクナツツバキの枝のちょうど目の高さに・・・


モズのはやにえらしい。
シジュウカラとジョウビタキはこの頃近所にいるけれど、モズもいたとは知らなかった。
モズがいてくれてうれしい気持ちと、カナヘビの死を悲しむ気持ちと。
はやにえは、モズは忘れてしまうことが多いらしい。せめて誰かの血肉になるものならばまだしもなのだけれど。