人間の言葉をしゃべるウサギやカモのマンガ・・・が私のずいぶんコアなところにあって、物心ついて自分でテレビ番組の中から子ども向けテレビマンガ(アニメとは何か言い難い)を選んで見るようになる前からそのキャラクターのイメージが頭の中に住んでいた。
中学生になって手塚治虫のマンガを集めて読むようになってそれが「W3」だとわかった。
今でもマガモのオスを見ると「ブッコーーー!」と叫んでしまう。

白黒の怪物くんも星明子も、あの声はたくさん頭に残っているけれど、やっぱり私の中ではW3のテーマソングの震える声の「わんだーすり~~~」なんだな。

それにしても、慣れ親しんだ名前の訃報が多すぎる。

今日は父の付き添いで南のほうの大きな病院まで。
1か月半経つけれどまだ父の指の傷は薄皮も張らず、むき身状態。皮膚潰瘍や褥瘡に使われる薬を塗布して様子を見ることになった。父は理解力が衰えてきているので今日はフォローする場面が多く、遠いけれど付き添いできてよかった。
昨夜あんまり寝ていないので疲れちゃった。今夜は眠れますように。


昨日の雪割草。これも実生の子。
イカリソウも続々咲き始めている。

Comments are closed.

Post Navigation