遅かりし屏風岩の桜

昨日も庭仕事、今日はグダグダと庭うろつき、淡々と過ごしました。
世の中に気持ちがついていかなくて(笑)、テレビ消して、夕方から「その話は今日はやめておきましょう」井上荒野を読みはじめて、一気読みしてしまいました。面白かった。


今ごろ咲いてしまった実生初花のクリスマスローズ。もうタネが採れるころだというのに。
まるで、日本みたいに周回遅れてるネっ!

前日からネットの情報など見て、もう遅いのではないか、とは思っていたのである。
そして前の日は嵐のような雨風でもあったのだ。
咲いてる桜でも散る。絶対散る。
でも、前日も日がな家の中で過ごしたのであったし、前々から決めていたことでもあったし、寒い朝だったので洗濯してもう衣替えして押し入れに片づけた冬鳥活仕様の衣服を引っ張り出してきて着こんで、曽爾村まで出かけたのであった。
現地は2℃。レギンスも穿いて行ってよかった。

・・・そして、やっぱりほとんどの桜は散っていた。
仕方ないので鳥活レンズを付けなおしてウロウロ。

アオゲラの写真を撮ったのだが、「証拠写真」でしかないのでUPするのはやめる。


ハコベの仲間だよな。花びらが落ちたのかと思ったけどそうでもなさそう。アオハコベと言ってはじめから花びらのないものらしい。


ミヤマハコベ。いつ見てもかわいらしい。


ボタンヅルの去年の実。ピカピカ。


サルトリイバラの額縁。


手前の桜だけ、遅咲なのか残っていた。以前出かけた時が見事だったので過度の期待をしてしまった。

でも、アオゲラを見られたし、アオゲラの鳴き声を覚えたのでヨシとしよう。

せっかくコンビニおにぎりを調達してきたのにまだ10時。帰って庭仕事でもするか、と思ったのだけれど、やっぱり寂しいので、榛原からちょっと寄り道して室生ダムの方に行く。
ダムの周りにはまだ桜がいっぱい残っていた。ウワミズザクラやアオダモらしき真っ白な花もたくさん咲いていた。道が狭くて停められず写真はなし。
ダムの上の道(「天端」というのか?)の端が広くなっていたのでそこに車を停めて、あたりをうろうろ。


ムベの花がいっぱい咲いてた。秋になったら実が生るかなぁ?


マルバアオダモかな?真っ白で雲みたいにあっちこっちで咲いてた。

車に戻り、おにぎりを食べていたら、真ん前にあった桜(カスミザクラ?)に鳥の影が。慌ててカメラを持って飛び出す。


遠かったけれど何とか撮れた。オオルリさん。

屏風岩ではあんまりだったけど、室生ダムに行ってよかった。花見もできたし、オオルリにも会えたし。
そのまま家に帰って私はラティスの取り換えをし、夫は虫退治と植え替え。よい休日でした。

急に夫休み。世間並みに連休初日から休みになっても、せっかく買った新しいカメラのメディアを入手しておくのを忘れたので、昨夜になって慌てて注文して、今日届くように手配したものの、これも連休だからかクロネコさんのネットの問い合わせサービスの反映が遅れているのか、それとも輸送自体が遅れているのか、午前中に着いてもよさそうなものが一向に来ず、留守にして再配達だと人手も足りないだろうところに迷惑なことだろうと出かけられず、結局一日家で過ごしてしまった。
その代わり、イカリソウのページも少し更新できたし、たまったドラマの録画も消化できた。

庭はあれだけ毎晩見回りをしたのにヨトウムシの幼虫が大発生していてイカリソウだけでなくあちこち喰いまわっている。今日は風が強くて寒かったから私は早々に家に入ってきてしまったが、夫はヨトウムシ潰しに専心していた。

今日は寒くて一日中ファンヒーターをつけていた。灯油があって助かった。去年の画像と比べてみると今年の春の花はみんなずいぶん遅れている。寒い春だった。


いただいたタネの採取のものだとほとんど白くなっちゃうのでタネを買って蒔いたモモイロタンポポ。
やっぱりかわいいピンクだ。

夜中から頭痛。
この頃は腎臓ケアのためになるべく頭痛薬をのまないようにしてるけどどうにもたまらず朝食後にのんだ。
少し楽になった。

クロネコさんと郵便の荷物があって、クロネコさんはすぐ来てくれたけれど、郵便は遅くなるらしく、近所の花屋に行ってきた。このごろのペチュニアやカリブラコアのなんとバラエティに富んでいること。しかし大変えくすぺんすぃぶ。それでも奮発して買ってみたいなという品種もある。まだビオラが頑張っているので当分先になるだろうが。それと、くすんだ緑に咲く八重のオダマキがあってこれも魅力的だった。オダマキはもう置くところがないから涙を呑んで帰ってきた。帰りにホームセンターで赤玉土を買った。近日中にクリスマスローズの実生をポット上げせねば。

ポリブルボンが元気ないので植え替えてみた。いつも冬越しで元気なくなる。温度が足りないんだろう。

2時過ぎに郵便の荷物が届いたので庭に出たりウロウロしてたけど、母の定時連絡が済んでから図書館に本を返しに行ってきた。東野圭吾の「マスカレード・ナイト」。新刊が出れば必ず読む東野圭吾だけれど、このところは読んだらすぐ内容を忘れてしまう。その時は面白いけど後に残らないのだ。
予約した本と、中島京子の本2冊を新たに借りてきた。

今日はカザグルマが一つ咲いた。さあ初夏だ。とはいえ明日は寒いらしいが。

夫は新しいカメラがきてご満悦だ。


八重のフウリンオダマキ。なんか元気なかったけど春先に植え替えたらきれいに咲いてくれた。

楽天の改良園のショップ(e-フラワー)で、「中国黄花イカリソウ」というのが売られていて、商品の画像が、我が家にはない中国産の原種のフーナネンセ Epimedium hunanense に似てるので、一か八か(またわけの分からないよく似た中国産黄花が増えるのを覚悟しながら)注文したんだけど、それが1週間前のことで、混みあってるとかでやっと昨日発送され、今朝届いたのだが、見事に花がついていなかった。
来年咲くだろうか。咲かないとフーナネンセかどうかもわからないのだが。

花育ても、やればやるほどいろんなわからないことが出てきて、ホントに、悲しくなるほど上達しないもんだ。なんでうまく育たないんだろう、なんで咲かないんだろう、そんなことばっかり繰り返してるけど、それでも、ちょっとの気遣いがうまくいって、たくさん咲いてくれたりすると、やっぱり無上の喜びなんだ。
人間よりも、お花と話してる方が断然楽しい。

今日はすべてのイカリソウの鉢に置き肥をやった。たくさん食べて大きくなってお花咲かせてくれよ。
イカリソウのページもちょっと更新できた。

・・・夫のイカリソウのはずなのに、なんでこんなに私、骨折ってんだろうな。


今年は記録更新して全部で6つ咲いたタイリンエンレイソウ。よし!