今日は実家へ。

雨が降りそうなので電車で行った。電車に乗ってすぐに起こった特筆すべきことは最後に書こう。

母の負担を軽減したいので実家に行って食事の準備をなるべくしたいのだが、父が母の手料理を食べられるのはあとわずかなのでその機会を奪いたくないという思いもあり、またどういうわけだか母も不調は増しつつあるのにご飯の支度をしたがる。今日聞いてみたらやはり、「私の作ったものの味を覚えていておいてほしい」ということだった。

昨日は母の病気発覚後、弟が初めて嫁さんと実家に来て、ごちそうをたくさんたくさん持ってきてくれたから、母はいろいろ食も進んでしんどい中にもうれしかったようだ。
今日もその食べ物の残りもあり、母が朝から作ったものもあって、私は特にすることなくくだらないことをケラケラとしゃべっていた。

12時前にかかりつけ医に父と二人で話に向かう。
結局他所に頼むことになるのかも、と思いながら、母の看取りまで面倒見ていただけないだろうかと話をすると、「最初からそのつもりやったで」と。もう心底ホッとした。終末期、鎮静していただくのが母の希望だということもお話しできた。

母に報告すると母も安堵していた。またまたくだらないことを話しながら異常に早い夕ご飯をして、片づけをして、父に駅まで送ってもらって帰ってきた。

さて、往きの電車のこと。
私がいつも乗る電車は通学の高校生でこのローカル線には珍しく結構混んでいる。
最寄り駅からのった車両は空いている席がなく、ドアに一番近い座席の前のつり革につかまった。
私の前には40がらみのガタイのいい男性が座っていて、スマホをいじっていたのだが、ふと私を見ると急に席を立ち、「どうぞ!」と私に座るように勧めるのだった。
「え、いえ!」「いや、どうぞ」と石火のような押し問答で結局私は座り、その人は2駅分私の横に立って後降りて行った。
昨日美容室に行って、染めていた部分をかなりカットしたので前髪がほとんど真っ白の白髪頭(本人からしたらグレイヘアなのだが)であり、しかもマスクをしていて顔の造作はわからないから、おそらく私のことを「席を譲るべき高齢者」と思われたのに違いなく、だからといって「あなたときっとそんなに年は違わないですよ」などと言うのもはばかられ(多分10才は私の方が年寄りだろうから)、非常にこまったこまった気持ちだったのである。
ソンナニ、ヨボヨボ、シテイタノカシラ???

今日は私の、譲られ記念日です~♪


もう散ったけれど、きれいにたくさん咲いたシソバタツナミソウ。


55歳にして席を譲られる私の前髪(やっぱりショックなのか?!)