末っ子で子どもじみたところのある父が、昨日実家に行った時も妙にイライラして母にトゲトゲした物言いをしていたのだが、今日の未明から母の咳が止まらなくなり、そのために眠れなかったので今朝は母に当たり散らしていたらしい。
まだ本人がそんなに苦痛を訴えているわけでもないのに、今頃からそんな態度で一体どうするのか。これから痛みも苦しさもどんどん増して、本人も周りの人間も耐えられないような状態にだってなるのだろうに。
父に看取りなんてほんとにできるのかな。世間の「男ぶりたい人」の例にたがわず、ずるくて卑怯な人だからな。
それでもしようがない。私が「男前」になり、もっと言えば「聖人」にでもなって何とかその時を迎えるしかないんだな。

そんな夫を自ら選んだこと、そんな夫を育てなおす手間を惜しんだこと、みんな母の身から出た錆だから、私も知らぬふりをする気ならできる。ただそれではあんまり哀れだから、何とか中に立って。

私自身も今から飛ばしていては続かないから、今日は自宅で気をもみながら過ごした。
それでもいいこともあった。
置き薬の方が病気を克服して仕事に復帰され、今日我が家に来てくれた。
手術もうまくいって、その後の化学療法も副作用が大変軽くて、順調に回復されたそうだ。本当によかった。
せっかく来てくださったのに、肝心のお薬を全然使っていなくて申し訳なかった・・・

今日は買い物に行って、服薬ゼリーと食品にとろみをつけるものを買ってきた。おそらく反回神経ががんで障害されていて、声嗄れの他にもちょっとしたことでむせやすく誤嚥しやすいようなのだ。
咳をどうにか止めてもらえないものか。また看護師さんに相談しなきゃ。

明日いいことがあるといいな。


もうこれもほとんど花を切っちゃったけれど、スイートチャリオット。いい香りだった。

今、WANDAかな?缶コーヒーのCM(クドカンが出てた)でRCの「Stand By Me」が鳴ってた。

Comments are closed.

Post Navigation