「11人もいる!」に引き続き、プライムビデオで「未来講師めぐる」を見てみたのだけれど、そして星野源は期待通りの気持ち悪さ加減を炸裂していたのだけれど、なにせ深キョンの棒演技が耐え難くて、第一話すら最後まで見ることができなかった。脱落。
仕方ないので、とっておきと思っていた「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」を昨日見た。

レビューを読むとダメな人はダメ、高評価の人はまたぶっちぎりで褒めていて、私は後者の方。
とってもよかった。DVD買おうかと思うくらい。
だって最初から、ガンガン音が鳴ってて、歌詞が「声は、声は、忌野清志郎~~」なんて言うんだもん。もう完全に持ってかれた。
主演長瀬くんだし、オノマチも出てるし、クドカン節全開だし。
一昨日の↓↓↓な気持ちを浮上させてくれた。
生きることと死ぬことの境目のことをずっと考えてる私を笑い飛ばしてくれた。
昨日、これを見られて、よかった。

見終わって、夕方、ずっと、宇多田ヒカルの「花束を君に」と「真夏の通り雨」をエンドレスで聞いてて、ふと藤圭子のことググったら、昨日藤圭子は命日だったんだ。

今日は雨で朝からとても涼しい。稲の花が咲き始めているので昨夜からアレルギーの薬を飲んでいて、今朝はヘロヘロ。家事が済んだら横になっていよう。眩暈ひどいし(笑)。


洞川のエビガライチゴ(こののち、夫の胃袋に入りました。美味しかったそうです)。