昨日は夫の検査の結果を聞きに行った。
骨転移なし。リンパ節転移なし。MRIでがんの存在はわからないレベルで、これまでの検査の上では病期T1C(生検でたまたまがん細胞がヒットした)ということのようだ(もちろん、実際には摘出してみないと本当の病期はわからないのだが)。
今月中に転院先の予約を取る希望を伝えておいたのだが予約がいっぱいで、なんと12月最初の週が直近の空きだった。緊急なものならもっと早くに入れてもらえるのだろう、きっと。それだけまだ猶予あるということだ。浸潤してしまうと根治できず「一生付き合うがん」になってしまうのだから、「治りますよ」と言ってもらったことは本当によかった。

紹介状と画像のCDと予約票をもらって帰ってきた。12月まで遊ぶぞ(と言っても、このところ夫は毎日6時出勤でヘトヘトモードなのだが)。

居間のカーテンがボロボロになってきたので新調したいとずっと思っていて、そんな時に母のがんがわかって先送りしているうちに夫のことで、生検でシロだったら新調しようと願かけてたらクロで、今度の検査でT1Cだったら今度こそ、と思っていたので、帰宅してから注文した。お金使ってばかりだが、窓辺が明るくきれいになれば、家の中のよどみを風が追い払ってくれるような気がして。

しかし、台風の風はいかん。
進路からこれだけずれているのに、接近する普通の台風並みにこちらでも風が吹きそうで、いったいどれだけ大きいの?強いの?と思う。常識外れのヤツだ。
今朝になって少し勢力を落としてきたようだが油断ならない。偏西風、もっともっと吹いて台風を海上に追いやってほしい。千葉にはいい思い出はないけれど、いくらなんでもこれが上陸したら気の毒過ぎる。


咲き残りのヒガンバナ(色あいヴィヴィッドで撮ったのであざとくなってしまった)。

昨日の夫の休みは朝から近所の公園へ。


エゴノキの花の狂い咲き。空梅雨とその後の高温のせいか、エゴの実のなりが悪くて。今冬はヤマガラさんたちは不自由するだろう。


カワセミの証拠写真。


コサメビタキ。エゾビタキやキビタキオスは見なくなった。もう南へ旅立ったのかもしれない。


ワチャワチャしてるエナガかわいい。


オオルリ?キビタキ?のオンナノコ。背中側を撮れてないので区別がつかない。


なんとかムシクイの証拠写真。近くの人工小川で水浴びをしたばかりで姿が乱れてる。


近くに来てくれたシジュウカラさん。

いつも冬鳥ばかりだったけど今年は夏鳥にも少し会えた。むしろ、花を撮る気持ちにあまりなれない。

公園を後にしてカラオケに行ってきた。「POP VIRUS」に入ってる曲をカラオケで歌ったことがなかったのでだいたい歌った。
最近のカラオケのリモコンはすごいんだなぁ。大きいしタブレット端末みたいにスクロールするし。
「精密採点DX-G」というのをやってみたんだけど、最高は96点位取れました。なんか高得点ばっかり出たんだけど壊れてるの?これ。「しゃくり」と「ビブラート」はいっぱい出るんだけど「こぶし」はちょっとで「フォール」は全然出ない。歌ってて何が「こぶし」なのだかどう歌うと「フォール」なのだかよくわからない。

カラオケ屋さんを出ると雨。マクドナルドで「スパイシーチキンバーガー」か何かを食べて(あんまりおいしくなかった)帰宅して、家で「チェルノブイリ」の1話と2話を見直して、眠くなったので9時には寝てしまいました。
そんな感じで休日終わり。明日夫の検査の結果を聞きに行くことになっている。

NHKBSプレと、録画したドラマ以外は見ないので、増税前の消費のあおりの報道など全然知らず、9月初めにスーパーでトイレットペーパーを山積みにしてあるのは見たが一生分買いだめできるものでもなかろうと特に買わなかった。買いだめというのをほとんどしない質なのだ。
ところが月末になってトイレットペーパーがなくなりそうになって、買わなきゃとディスカウント店に行ったら、シングルサイズの12ロール入りはひとつもなし。他の安売りスーパーにも行ったけれどやっぱりなし。
仕方なくダブルの普段買うのよりもちょっと高価なのを買った。
で、昨日特売のスーパーに行ったらちゃんと売ってた。慌てて買ったダブルのよりも150円も安い。
これは結局、踊らされたということなのか。

地獄に向かうトロッコをみんなで押してる、という表現を使ったことがあるが、この増税はそのトロッコにターボエンジンを積んだということになるのだろう。これまでは、トロッコを押すのを止めてみんなでトロッコから下りて逆向きに押せば何とか戻れたかもしれないけど、今となってはもう駄目かもね。

あーあ、あかんな。元気なくなるな。すみません。

Amazonプライムで期間限定無料配信のドラマ、「チェルノブイリ」の1話を見た。Twitterのタイムラインに情報が流れてきたので夫に話したら、夫はネットニュースか何かで読んでいて、スターチャンネルだから諦めていたのだという。
もう恐ろしかった。
(封建主義から資本主義を経ずして社会主義国になったために人権や民主主義の立ち遅れた)ソ連で起こった事故だからこその隠蔽体質や人命無視が強調されていたが、これが日本で起こったって結局同じなわけで(その後のフォローに対しては日本の方がずっとできていないわけで)、死ななくていい人が死に、被曝しないでいい人が被曝する様の描写が、じっと座っていられないほど痛ましかった。
2話以降も見たいのでこのためだけでもスターチャンネル入ろうかな、と思う。

ああ、でも、チェルノブイリを本当の教訓にできていれば、フクシマはなかった。
きっと関電だけじゃない、たかだか3億なにがしのはした金(とあえて言わせてもらう)で何千万もの人命をないがしろにする。そんな国だ、ここは。


公園のリコリス。ホウディシェリ?

私信:
早く治るといいね。私はその症状はなったことがないからわからないけれど、立ち上がるのが不自由ってどんな作業にも支障になるものね。
もし長引くようならお医者さんに行ってね。どうかお大事に。

普段使っているカメラのファインダーがものすごく汚いので気になっていた。
ニコンのサポートを見てみると8000円ほどで定期メンテナンスをしてもらえるようで、その項目の中にファインダー清掃も入っていたのでやってもらうことにした。
それを思い立ったのが夫の生検が終わったころで9月2日にネットで依頼、3日にピックアップしてもらって4日にニコンの方に届いた。修理完了予定日は9月12日ということだった。2週間くらいはかかると思っていたので助かるなと思った。
ニコンのホームページには依頼した修理の進捗状況のわかるページがあるのだが、10日くらいから毎日そのページを見ていた。ところが、「受付中」という表示から「修理中」という表示に変わるはずが一向に変わらない。12日になっても「受付中」のまま。
13日にニコンから郵便封書が届いた。それが見積変更の知らせで、ファインダーの汚れがはなはだしいので分解清掃の必要があるという。
郵便が来たのが17時を回っていてニコンの電話受付は18時までなので慌てて電話で修理をそのまま進めてもらう旨連絡した。金曜日のことだしまた折悪しく月曜日は祝日でカメラの帰還は遅れるだろうとは思ったが仕方ない。
でもまあ、これからはホームページ上も少しは表示が進捗するだろうと毎日見てみていたのではあるが。これがずっと「受付中」のままである。
1週間経っても変わらないので20日にまた電話してみた。すると「26日には修理完了の予定」だという。それならば見積変更から2週間だし妥当だろう。のんきに待つよりほかはない。
さすがに25日にもなれば「修理中」に表示が変わっているだろう、とホームページを見たらこれが「受付中」のままである。悪い予感しかない。
完了予定の26日も「受付中」。
問題は「消費税」だ。見積変更してもらい、修理代金にピックアップ料を足して8%税込で14333円(会員価格)。これが受け取りが10月1日を超えてしまえば10%になる。
しびれを切らして27日の朝いちばんに電話を入れた。オペレーターの人は平謝り。なんでも交換部品が入荷待ちなのだという。税金のことを聞くと、部品入荷してからの修理で発送だと10月1日以降になる可能性の方が高いという。部品入荷について確認して折り返し電話します、ということだった。
さすがに不信感。もちろん増税前に駆け込み修理・点検などあるのだろうが・・・みすみす余計な税を払うのもシャクだけれど待つしかない。
午後になって電話が来た。期待せずに話を聞いていたらなんと、修理完了し本日発送します、とのこと。ビックリ。イヤミの一つでも言ってやろうか、などと思っていたのもどこへやら、「ありがとうございます、助かります」などと口から出ていた。「後ほど修理完了メールをお送りします」という声も上の空で聞いていた。
さて、その修理完了メールが来ない。
18時を過ぎても来ず、ホームページを見るとまだ「受付中」のまま。「修理中」にもならずもちろん「修理完了」にもならない。
部品を取り寄せ中だったはずなのに修理完了なんてやっぱりおかしい。疑念が噴き出す。
フラット修行中の私だが、もう中身はパンパンなのでちょっと刺激があると心の風船が割れそう。とてつもなくイライラ。心を落ち着かせようと別のことをしてやっぱりそのことを考えてしまい手元がくるって失敗したり。余計にイライラ。
19時半にクロネコさんから、荷物の発送がニコンからあったというメールが来る。代引きの金額も書いてある。見積金額通りだった。ホッとする。
21時前になってニコンからやっと修理完了メールが届く。やれやれ。
ちゃんと発送されたことがわかると、自分のじたばたが情けなくて気が滅入る。どうしてもっとゆったりした気持ちになれないのか。あーあ。
28日は夫の検査の付き添いで留守だったので夜になってカメラを受け取った。きれいになって悪いところも直してもらって、ファームウェアも更新されてあって、また楽しんで写真が撮れることに感謝しよう。

ということで、日曜日の朝に鳥活してきた。場所はいつもの公園。


コサメビタキかな?と思って撮って、別のところで鳥活の人に「エゾビタキが来ているらしいですよ」と教えてもらい、会えたらいいねと夫と話していたら、先に自分が撮っていたのがエゾビタキだったという・・・
去年もらしきものを撮ったけれど鮮明に撮れたのは初めて。


こちらがコサメビタキ。初見、初撮り。


キビタキの証拠写真(笑)。遠くて。


なんとかムシクイ(例によって同定が難しくてムリ)さん。これも証拠写真。


水の上でずっと餌探しをしていたキセキレイ。