鼻炎がひどい。

秋のイネ科とヨモギやブタクサだろう。バイクで実家に行くともうてきめんである。
家の中でも、台所にいるとくしゃみが出てくるけれど、換気扇をつけて窓を開けていると、公園の雑草の中のヨモギの花粉が入ってくるようだ。

そんなことで、今日は久しぶりに耳鼻科に行ってアレルギーの薬をもらってきた。
耳鼻科は相変わらず閑古鳥が鳴いていたが、感染に正しくおびえる私はいつものように病院の時は使い捨てのサージカルマスクで頭にはニットのキャスケットをかぶっていた。
内科の薬ももうないので、病院のハシゴである。
内科の駐輪場でまたキャスケットをかぶり(つまり、バイク移動の時はヘルメットをつけているのでいったんキャスケットは脱ぐわけだ)、受付に診察券を出し、待合室が混んでいたのでいったん外に出た。
人が出入りする度に開きっぱなしのガラス戸の出入り口から離れたり、呼び出しに聞き耳を立てるためにまた寄ったり。
そうこうしていて、ふいに、ガラス戸に映った自分の姿の奇異なところに気が付いた。
頭のキャスケットの天辺が、ふくれているのだ。まるで、ちょんまげ頭に帽子をかぶったよう。
?????
帽子を脱いでみた。
中に、なんと靴下が入っていた!

昨日の夜にキャスケットと靴下を洗濯して、今朝乾いていたので取り込んで、靴下も一緒に取り込んでひとまとめにして玄関に持ってきて、靴下のことは全く忘却してそのまま出かける時に持ってきたらしい。何故か帽子の内側に靴下がしっかり入り込んでいてかぶるときもそのままかぶったようだ。

靴下は片方だけだったので、もう一方はきっと家にあるに違いない。とりあえずその靴下はポケットに入れて、処方箋と会計を待ち、調剤薬局に行って薬をもらってから買い物して家に帰ってきた。

・・・が、玄関やそのあたりを探したものの、もう片方の靴下はなかった。
靴下だけ家出をするようなことはなかろうから、多分もう片方も私は持ち出したのだろう。となると、帽子を脱着したのは耳鼻科の駐輪場だから、そのあたりに落としてきたのだろう。

どうして、私はこう、常人のしないような失敗をしてしまうのか。
あーーー、ほんまにオモロイ。

靴下は探しに行かなかった。気に入っていたのだけれど、仕方ない。


昨日、公園で見たキノコ。キノコの名前がわかるといいのだがなぁ。

奈良の感染者は今日は5人で、うち4人はどうも、このあいだの4連休の「成果」であるようだ。これから全国で同じようなことがたくさん起こるのだろう。そして来月からはGotoとらぶるに東京も参戦だ。

歯医者の話。

今の家に越してから、かかりつけの歯医者があったのだが、駅前ではやっているようだったので選んだものの同じ時間帯に予約を詰め込み過ぎているからか、診察室に通された後も歯科医師が見てくれる時間は瞬時ですぐに別の患者さんの部屋に移動されるという感じで、親切に診ていただけるというのには程遠く、ただ椅子に座って待っているだけという時間も長いので、なんとなくいやだなぁという気持ちが募り、治療が済んだ後に定期的にある歯科健診の足が遠のいてしまった。

以前、誕生日に前歯が虫歯で欠けたことがあって、その日はかかりつけが定休日だった。夫の元の職場に近かった歯医者に電話したらすぐ診てくれるということで、小さな欠けだったのでちょっと削ってレジンで充填してその日のうちに治療が済んだ。

かかりつけへの足が遠のいた後、歯の気になる部分ができた時に、前歯を治してもらった歯医者の方に予約を取って、それからはずっとこちらで診てもらっている。
こっちの歯医者はお商売上手なんだろう、お医者さんが何人もいて、診察室も10くらいある。歯科衛生士さんもたくさんいる。待たせないし、一人の先生がかかりきりで診てくださる。

健診も何とか途切れずに通っていたのだけれど、この3月の予約は夫の病状もよくなく、また新型コロナの感染も怖くて、結局予約を電話で取り消した。

ところが、夫の2度目の入院のころから下の奥歯がなんかおかしい。インレーの横が変にギザギザして舌にさわる。それに冷たいものがしみる。
それでも、そのころちょうど奈良は第二波がきていたし気分的に歯医者に行けなかった。
だましだまししていたが、そのうちに熱いものも響くようになってきた。
夫も退院して順調のようで、先延ばしよりも今のうちだろうと予約を取った。

2回の通院で治してもらってついでに健診と歯のクリーニングもしてもらったので(予約飛ばしたことはチクっと言われたけれど)まあよしだ。
次の検診の予約は年明けて2月。そのころ新型コロナがどうなっているかわからないから、ちゃんと行けるかどうかはわからないけれど。

歯というのは、「格差と貧困」を如実にあらわすものだと思う。
母は60歳代から総入れ歯になった。私も弟も歯医者通いはさせてもらえたけれど、それでも最低限の治療で、日ごろのケアはできなかった。
私の下あごの第2大臼歯はないし、上あごの左の第1大臼歯もない。虫歯で神経を抜いた後、脆弱になって、食事中に根まで折れてしまって抜いたものだ。
治療も保険内診療のみでしてきたので臼歯以後はほとんどいわゆる「銀歯」だ。
見た目のことではひけめもあるけれど、それでも、まだ噛むのに支障がないだけ残っている。貧しい中で母が死守してくれた歯だ。

できるかぎりケアして、入れ歯を入れずに済むようにしておきたい。


笠そばの近くで咲いていたリコリス。インカルナータかな?

先週、夫の尿道狭窄症の予約診察があり、内視鏡検査を受けたのだが・・・

内視鏡が通らないほど再狭窄していました(!!!!!!

再手術か、通院での尿道拡張術かの選択を迫られたのだが、2度の入院で職場に迷惑もかけているので通院での処置をお願いした。
処置は1回では済まず、処置に使う器具はディスポーザルなので1回ごとにかなりの出費になる。入院手術だと高額療養費が使えるし前回手術から60日経っていれば保険で支払い分や欠勤で減った収入もカバーできるので経済的には手術の方がよいのだけれど、でも手術後に再狭窄してしまったものだから次に成功するのかというと疑問符もつくしな。

器具の方は、再利用できるものを買い取り、という方法もあると教えてもらい、それをお願いした。
とりあえず、ディスポーザルな器具で少し拡張してもらって、1週間後の再処置を予約して先週の診察は終了。
支払いが思ったより安かったので(尿道狭窄が初めて見つかったときの支払いと比べると安すぎたので)、こんなに安いなら買取の器具必要なんやろか?といぶかしんでいた。

で、昨日はその買取の器具での処置をしてもらい、夫の排尿も順調。
ただ、病院での精算会計がかなり待たされて、やっとのことで別の窓口に呼び出されたら、前回の診察時の医療器具の代金が精算されてなく、昨日の会計に加算されていた。やっぱりディスポの器具は高かった・・・
5回ほど買取器具で処置してもらうと採算が取れる感じだ。
こんな場合、使い倒して元を取れ!・・・とは言えないしな。アシが出ても、処置の回数が少ないほうが全然いいのだ。

話変わって。

鳥用のレンズを買ったものの、夫の休みとお天気と通院の都合でデビューする機会がない。
歩いていないので体力も落ちているし。
植物の多いところを歩きたいなぁ。


だいぶ前に咲いてた、「ニュー・イマジン」。
いつも返り咲きはしないのに、異常気象のせいか咲いてた。

ビックリするほど急に季節が変わった。
今朝はもう肌掛け布団では寒く感じられるほど。

明日からまたしばらく雨の様なので、昨日は、夫の手術後からずっと寝室にもしていた居間のラグをはいで、床を拭き掃除した。4月いっぱいまでベッドを置いていたし、長梅雨の間も布団を置きっぱなしだったのでラグも敷きっぱなしで、部屋がかび臭かった。ラグの下には白いカビが生えているところもあり、アルコールで拭いて扇風機の「強」で一日風を当てていた。夕方には床のカビ臭はほとんど抜けた。

座布団もかび臭いのがあって、一計を案じ、和室のにおい取りのために買ったオゾン発生器を座布団と一緒にビニール袋に突っ込んでみた。新しい座布団のカビ臭はそれで取れたのだが、古い座布団の方は2回やっても取れないので、時間かけて天日干ししようと思う。
座布団カバーも洗って夕方干しあがり、においのしなくなった座布団を入れた。こんなことが心地よく、なによりうれしい。

さて、ラグだ。

也々がいた時に使っていたラグはコインランドリーで洗って干して押し入れに入れてあった。それを天日干しにしたのだが、やはり「犬のにおいの染みついたものを押し入れに入れっぱなしにしていたにおい」がはなはだしい。
やっぱり今のラグを洗ってこないとダメか。

コインランドリーに、ものすごく行きたくなかったのである。

前回コインランドリーに行ったのは、去年の5月。
ラグを洗いに行って、洗い終わるのを店内のソファに座って待っていた時、母から電話がきたのだった。咳が止まらないし声がかれたので朝から病院に行ってその報告で、「ただの風邪だって、葛根湯出されたよ」というので、それならすぐ治るよ、風邪の声がれはしばらく残るけど日にち薬だよ、みたいなことを言って通話を終えたのだけれど、それから5分もしないうちにまた電話がかかってきて、「ほんとうは、よくなかったの。レントゲン撮ったら卵みたいな大きな影があったの」と。
店内のスピーカーからずっとBGMが流れていたのだけれど、何の媒体から流していたのか、何かのインストゥルメンタルで不安げな曲で、その曲がだんだん山場へと差し掛かるのだけれどその直前くらいになってレコードの針が飛んだような様な状態で同じフレーズを3回繰り返し、また曲の最初に戻るというのを延々聞かされて、その居心地悪さというか気味の悪さというか、母が癌であると聞かされた心情と相乗効果で、ものすごいマイナスイメージを私の脳に刻み付けてしまったらしい。
母が亡くなってからも、そのコインランドリーの前をなるべく通りたくなくて、通らなければならない時は、もう「いやだいやだ」が心の中で暴れまくって、洗わなければならないものもあるけれど、別のコインランドリーはスクーターで荷物を運ぶには遠すぎるので行けなくて、ずっとずっと葛藤をかかえていたのである。

でも、さすがにもう、行かないとダメだ。
これからはラグを洗っても乾きにくくなるし、それに、コインランドリーを使うならコロナの山がいったん収まっている今のうちしかない。10月に入ればどうなるかは目に見えてる。

意を決して、行ってきた。
あの、恐ろしいインストゥルメンタルが相変わらず流れていたらどうしようかとおもったけれど、スピーカーからはラジオの番組が聞こえていた。明るい元気そうな関西弁のアナウンサーだった。
ちょうどLINEをいただいたのでお返事を書いているうちに待ち時間も過ぎたので沈鬱な思いに浸ることがなくて済んだ(いつも私のピンチを救ってくださる。感謝)。

家に帰ってラグを干した。一日では乾ききらないので、結局古いラグを敷いたのだが、布団用掃除機でしっかり叩いて吸ったら臭いのが取れた。

古くてガタガタの家だけれど、きれいになると居心地がよい。小さな暮らしの幸福を感じられること、何よりありがたい。
母のことも、こうして少しずつ、薄紙にくるんで大事にしまって行くのだと思う。


先々週、遅いかなぁと思いながら夫の車で寄ってもらったら咲き残ってた、キツネノカミソリ。