エコバッグにご執心である。

コープの新店がオープンした時にもらったのは丈夫なんだけれど容量が少なくて使いづらかった。
もっと大きいのを、と思って、尼でポチったやつは逆に大き過ぎて実用的でなかった。
少し遠い町にオープンしたディスカウントスーパーに夫と行ったときに、100円で売っていたワンコの柄のものは生地がペラペラで縫製がボロボロだけれど携帯性がよくてたたむのも簡単で容量が程よかった。
尼のは大きな買い物の時に持って行くことにして、普段はコープのとワンコ柄を使ってきた。
・・・ところがワンコ柄はやはり生地と縫製の状態で推して知るべしで、すぐに持ち手のところのパイピングから本体生地がほつれて抜け出てきてしまった。手縫いでテキトーに補修した。

そしてとうとうスーパーで原則レジ袋有料となったので、いつもバッグに入れておくエコバッグが2つでは足りなくなった。
尼で探してみるけれどどれがよいのかわからない。
ネットであれこれ見ていると、オーサムストアとかいう雑貨屋さんで売っているのは安価で使い勝手がよさそうである。そのお店ならショッピングモールに確かあったぞ・・・ということで、平日の午前、人出の薄そうな時を狙って(折よく、というのか折悪しくなのか、1週間ほど前にフードコートのアルバイトさんがコロナ陽性でさらにお客が少なかったようだ)その雑貨屋さんに行ってバッグを買った。夫にもひとつあげた。
これはたたんでから小さな袋に入れるタイプなのがちょっと利便性に劣るのだけれど、容量的には大変よかった。生地は薄めだけれど縫製はずっとマシだ。

で、コープのと、ワンコのと、雑貨屋さんの(これはアボカドの柄のもの)とで使いまわせていたのだったが、一番新前の一番エクスペンシブなアボカドが、破けてしまった。

夫の病気には水分摂取が重要なので、毎日ペットボトルのお茶を持たせている。気候が長梅雨だったり高温だったりしたので家で沸かした麦茶など傷んだら怖いから買ったものをそのまま持って行ってもらう。
バイクでの買い物なので何本ものペットボトルを買うのは結構大変だ。2リットル入りのものなら安定性もあるけれど丸いタイプのボトルはステップにおいても安定性が悪い。
アボカドの袋にペットボトルを入れてそれが足元で荷崩れして、ステップから落っこちて地面に擦ってしまったらしい。せっかくのおにゅーなのに。中に500円玉を入れたら落としてしまうような穴。

他はどうともないので大変惜しい。マスクづくりのはぎれを当てて縦横方向に細かく並縫いをして繕っておいた。

それでも予備が必要と思ったのでまたショッピングモールにエコバッグを買いに行った。3つ買った。

先週の金曜日に夫にまた別のディスカウントスーパーに連れて行ってもらったのだが、入店するときにふと心配になってエコバッグの持参の有無を確かめたら・・・入ってなかった。使うたびに毎日洗濯をしているので前夜洗って干してから取り込むのを忘れたのだった。
仕方ないレジで有料レジ袋を買うか、と思ったのだが、その入り口の近くに100円のエコバッグを売っていた。形が家のワンコ柄のと同じのようだったので、よくよく見て、猫の柄のとペイズリーっぽい柄のとをかごに入れた。

そんな風にエコバッグ御大尽になってきたので(その他にも小さめのものを3つほど100均で・・・)、一度テキトーに補修したものの、またパイピングと本体が分離してきたワンコ柄はお役御免にした方がいいかな?とはちょっと思ったのではあるが、いやいや、これは真面目に一度ほどいてミシンで縫い直せばちゃんと使えるぞ、と、今日のお昼からはワンコ柄再生計画を遂行していたのである。

どこかの国で、安い労働力で、形が何となくできてたらいい、というような仕事で作られて、日本にやってきたエコバッグだけれど、使えるうちはちゃんと使ってあげたいじゃないの。


もう終わっちゃったけど、クレマチス「タイダイ」の花。