今日は、母の誕生日だ。生きていれば76歳だ。
こんな「新しい時代」に生きてなくて、多分よかったんだろう。あの人は怖がりだったから、毎日気持ちをすり減らして暮らしただろう。
私としても、母の闘病が今年じゃなくて本当によかった。訪問介護や訪問診療、薬局の人、ベッドや酸素の業者、入れ代わり立ち代わり人が出入りする在宅看取りは、今の時代危険すぎるから。

一生分の不運のように思わないこともなかったが、案外ツイていたのかもしれぬ。

人間というのは、つくづく、じっとしてはいられない生き物なのだと思う。
観光業を、飲食産業を、盛り立てるための施策といいながら、その実、特定のどこかの懐を潤すためだけの事業なのだとわかっているのに、「お得ですよ~」の声にのせられて、旅行に行く、飲食に行くのを止められない。
PCR検査抑制の国の方針?のもと、感染してもそれとわかることが限られ、無症状でもスプレッダーとなり得る病なのだから、出歩かないこと、他人と飲食しないことが抑え込みの第一歩なのに、自分については例外と思うのか、そもそも病気のことをよくわかっていないからか。

いや、それよりも、やはり、人間というものはそういうものなのだろう。遊ばずにいられない。人と語らわずにはいられない。不安だから、なおさらなのだろう。
そして、遊んでも、人と語らっても、その不安を一人の時間に持ち帰ってしまう人の中に死を選んでしまう人もいるんだろう。

太宰治は、戦時中とても健康だった。
作家が書き物を統制されてしまう時代に、多くの作家が筆を折ったりあるいは時局に迎合した翼賛小説を書いた時代に、上手に「書きたいもの」と「書いていいもの」の間を綱渡りして数多くの作品を生んだ。
人々の不安の時代に、明るい、希望の多い、読む人の心に明かりをともすような小説を多産した。

今の自分に、もしかして戦時中の太宰と同じなの?という思いを抱いている。
私は自分を、心の弱いめんへらちゃんだと思ってきたけれど、だからこんな不安の時代には真っ先にへこたれると思ってきたけれど、全然そんなことはない。
庭で植え替えをしているだけで、時々早朝公園で鳥活をするだけで、全然毎日満ち足りているし、人と語らわずとも全く鬱屈しない(そもそも人と語らう方がストレス)。

今、世の中の人は、自分の不安と闘う人もいれば、遊んで気を紛らわしてやり過ごす人、はじめから不安をなかったことにする人、みな不安にきりきり舞いさせられている。
でも私は、生まれてこのかた、不安だけを友として生きてきたので、不安に対して人よりも耐性が強くて、自分なりの「新しい生活様式」を取り入れた後はわりと平然と暮らせてる。
だいたい、夫の病気やら父のことやら、忙しくて。

太宰は、世の中の不安がなくなってから3年しかもたなかった。
私は、この不安の時代の後、どうやって生きていくのかな?


秩序という花。

Comments are closed.

Post Navigation