金曜日は朝から公園に鳥活に行った。

公園に入ってすぐに、カメラの電池残量が少ないのに気が付き、予備電池、ちゃんと充電したの持ってきたかな?と、バッグの中の電池をカメラに入れ替えて、満充電なのを確認して、またもとの電池をカメラに入れなおした。

しばらく歩いていたら、葦原のところでホオジロが3羽くらいワチャワチャしているのでファインダーから見ると、ミヤマホオジロさんがいた。「わ、ミヤマやん!」と別のホオジロをフォーカスしていた夫に知らせて、自分でも撮ろうと思ったのだが、シャッターが下りない。
「え、なんで?なんで?」
・・・このタイミングで電池切れである。
はやる気持ちと闘いながら慎重に電池を入れなおして、さあカメラを構えると、今度はピントが合わない。
クソ!クソ!と思っているうちにミヤマさんは飛び去ってしまった。

せっかく会えたのに。私が見つけたのに。ううううううう。
まあ、こんなものである。
金曜日は気持ちだだ下がりであった。
その後公園を出て、タゲリさんを探しに行ったけれど会えず、買い物して帰ってきた。
夫にケーキを買ってもらった。ケーキ美味しかったので少しアガった。

昨日も公園へ。
ミヤマさんには会えなかった。どこにいるのかなぁ。また会えるといいんだけれど。
この頃夫は、鳥活の人と顔なじみも増えていろいろ情報をいただける。昨日は、オジロビタキが来ていると教えていただいた。去年みたいに撮らせてくれないかなぁ。

ルリビタキ劇場では今季初のルリ子さんに会ったけれど、遠すぎて。


シロハラさんも今季お初。

シメさんにも会った。

公園は10時に引き上げてきて、いったん家に帰って午後は実家に。
晩御飯を作って食べて、家に戻った。

アカギレ前線停滞中である。
ていうか、時期的に早すぎるし、重症だ。やっぱりアルコール多用、手洗い頻繁のせいだろう。
そんな時に、植え替えとか、指先の力仕事(椅子を組み立てたり、物置を組み立てたり、折り畳み椅子をバラしたり)にいそしんだりしたので、左の人差し指の第一関節の親指側側面などはねじ回しの時に文字通り裂けてしまい、出血大サービスと相成った。

昨アカギレシーズンに、アカギレ用のさまざまなテープを買いそろえて、いろいろに使ってみるのだけれど、すぐ剥がれたり、中で膿んだり、よろしくない。
高価な「キ〇パワーパ〇ド」などもうまく圧着しなくて翌日に剥がれてしまったりとかで、ただのアカギレなのに千円単位のお金が無くなるのが情けない。
右手親指先端のパックリ割れは甚だしかったので、奥の手の外科手術をした。裂け目の対岸の皮同士に針を通し糸で結んでしまう。前は絹糸を使っていたけれど今度はハードなのでキルティング用の糸を使ってやった。これはほぼくっついた。

清潔すぎる生活もまた、いろんな意味で健康を損なうものなのだろうけれど、今はまず、コロナ、だ。

業〇スー〇ーで、66度のアルコールを廉価で売っていた。それを、買い占めにならないように、チビチビと備蓄していたのだが、この間何故かそれがまた100円ほど値下がりしていた。しめしめとまた買いこんだ。
で、この間別のものを買いに行ったら、アルコールは棚からなくなっていた。欠品というのじゃなしに、棚のスペースがなくなっていたのだ。
値引きは売り切りだったのだろう。
となると、現在の備蓄が心もとない気がして、家から少し離れたお店に行ってみた。やはりなかった。

昨日はもう少し離れたお店まで行ってみた。
同じ〇務ス〇パーでもフランチャイズが別だからなのか、そのお店にはあったので、2本買ってきた。
もうこの商品は手に入らないのかもしれないな。

マスクとか、フィルターとか、ある程度備蓄はそろった。
ヨーロッパは第2波が来てもしっかりロックダウンしたので感染者減少の傾向が見えてきたそうだ。
日本もたらたらやってないで、今すぐにでも緊急事態宣言出すべきと思うけど、ノロマだからグダグダやって傷拡げるんだろうね。

雪割草は今は、みなプラポットで栽培している。以前は、3.5号の駄温鉢を使っていたけれど、棚からの上げ下ろしが重いし、丸い鉢は育苗トレーでのすわりも悪いから。
で、ウチでの実生苗からの出世順でいくと、
ポリポット黒丸6㎝→EGスリット7.5㎝→EGスリット9㎝→プレステラ90→プレステラ105
という感じになる。

何となくそれでイケていたんだけれど、なんだかどうも、EGスリット9㎝のところで元気がなくなるような気がする。
鉢の広さに比べて深さが足りないのがいけないんじゃないか?と思い、いろいろ検討した結果、硬質ポリポット角型8㎝がよかろうということで、200個ほど買った(ちょっと買い過ぎた)。


左がEGスリット9㎝、右が硬質ポリポット角型8㎝。

先週はEGスリット9㎝に植わっていたヤツらを全部硬質ポリポット角型8㎝に植え替えた。植え替えサボってたし、バイデートがなくなっていた時期に植え替えたのもあったからネコブひどかった・・・

で、現在の我が家の出世順は、こうだ。

ココにいる子は、もちろん元気な子たちで、雪割草棚の1/4くらいは葉枯れで丸坊主ですよ。トホホ。

園芸資材はいろいろ買ってみたりして、よいとなれば送料の都合もありまとめ買いするので、とうとう外の物置(と言っても小さなものしかない)に入りきらず、この頃は汚れ物でないものは和室に置いていたのであるが、もう和室のゴミ屋敷化が止まらないので奮発してまた小さな物置を庭に追加設置することにした。物置と言ってもア〇〇スオ〇〇マのプラスティックの簡易のヤツですが。
昨日の昼、注文したやつが届いたので組立設置したんだけれど、説明書に書かれているネジの名前とネジをまとめてある厚紙に印刷されている名称が違ったり、説明書の印刷ミスがあったりして、無駄な時間を食って、午後のほとんどの時間をつぶしてしまった。
それでも、和室に転がった段ボールの山が片付いてちょっとホっとした。

大量の使わない植木鉢があふれているので、今度はあれを断捨離しないとな。

さてさて今日もがんばりましょう。


公園の、アオジ女子。かわいい。

夫のがんがわかってから、毎朝、ブロッコリースプラウトを食べている。
朝食に、鶏のささ身のレンジ蒸しとミニトマトと一緒に盛り付けて、胡麻ドレッシングをかけて食べる。
ささ身は夫の血液の総蛋白を上げるため、ミニトマトとスプラウトは「がんにいい食べ物」だから。
1年以上、ほぼ毎日、飽きもせず、朝の食卓に出している。

ブロッコリースプラウトは、シートごと根を切り落としてもタネの殻が茎の間に入り込んで見た目も食味も悪いから、水道の流水で洗い流す。
さんざ暴露しているように私は不器用でどんくさくてそそっかしいので、いつも、タネの殻を洗い流している間にスプラウトの方を洗い流してしまうんじゃないか?あるいは手が滑って流し台にぶちまけてしまうんじゃないか?と非常に危惧しながらこの作業をするのだ。
が、自分でも信じられないけれど、365日以上、この作業を続けているというのに、いまだに「失敗」をしていないのだ。

すごいな。

こんな風に書いていて、明日にでも「失敗」をするやもしれぬが、今朝はこのささやかな自己肯定感をあたためていよう。

私のパソコンデスクの椅子は、ずっと折り畳み椅子だったのだが、まだ也々がいる時に買った木の折り畳み椅子が、私の重さに耐えかねてか左側のねじがバカになってきて、この間は座ったとたんに異音を上げたので慌てて立ったらねじが外れて崩壊してしまった。またねじ止めをし直して使っていたのだけれど、さすがに危ないと、夫がクリスマスプレゼントの前渡しでオフィスチェアを買ってくれた。目の見えない也々がいる時はクルクル回る椅子は危なかったので買えなかったけれど、もうエア也々ちゃんは椅子にぶつからないだろうな、と思うので。
昨日荷物が着いた。組み立てに少し手間取ったけれどなんとかできた。
クルクル椅子はやっぱり便利。それにひじ掛けもついてる。なんだかエライさんになった気分じゃ。

2週間前に胃カメラをした。父の入院中だったけれど、もう一般病棟に移ってからだったので呼び出しもないだろうと優先させてもらった。なんかヤバいところがあったみたいで生検された。今度の月曜日に結果を聞ける。考えようと思えばいくらでも不安になるけれど、今は忙しいし、庭の片付けなどもあって、うまい風にどこかに追いやれている。
そんでも、もういい加減にしてくれないかなぁ。ブルースはお腹いっぱいなんだよ。


日曜日の公園のモズ男。何か見つけて、パッと地面に下りて捕まえて、木の枝に戻ったところ。


虫か何かかと思ったら、カエルさんだった!!!!!!

日曜日の朝は公園でウォーキング兼鳥活。


オオバンの1羽がパンくずをもらって(公園では餌やりは禁止されてるんだけどな。鳥に餌をやる人は後を絶たない)、別のヤツがそれを狙って執念深く追いかける、の図。


熱心な鳥活人間の方々がずっと常駐しているスポットに通りがかったら、たまたま出演タイムだったので、今季初めての出会いのルリビタキ男子を撮れた。しかし、暗くて遠いので荒い・・・

夫が先日、ミヤマホオジロを撮ったところにはやっぱり今でもいるらしい。ちょうど飛び去った後に通りかかったので会えなかった。


桃園の下はなぜかスミレ(多分マンジュリカ)でいっぱい。

鳥活の後は実家に行って、父の買い物と晩ごはんの支度をして、夫と三人で夕飯を食べた。
父がバイクに乗らないでいいように、週2回は実家に行って、買い物をしたり家事をしたりしている。
でも、これから寒くなるからバイクでは行けなくなるし、こう感染者が増えてくると電車に乗るのも怖い。
どうしたらいいのかなぁ。