18日の木曜日に、ホントは稲村ヶ岳に登ってみたかったんだけど体力的に無理なので、法力峠のちょっと先まで登ってきた。
その時に、どうにも気になる植物があったので、渋々な夫に無理を言ってまた連れて行ってもらった。


もっと高いところにあるのかなと思っていたのに、思わぬところにあったルイヨウショウマ(キンポウゲ科)。
初めて会った。


これが気になる子。
ちゃんと観察したが、やはりシロバナエンレイソウ(ミヤマエンレイソウ)のようだ。花色が淡紫紅色なのは花が咲き進んでいるからのようで、弁先はもう褐色に枯れかけていた。シュロソウ科(ユリ科)

 
ルイヨウボタン(メギ科)。
18日に咲いていた花がもう散っている。イカリソウもそうだけれど寿命の短い花のようだ。


フタリシズカ(センリョウ科)のつぼみ。


ヒトリシズカ(センリョウ科)の咲き残り。ほとんどがもう実を結んでいたけど少しだけお花が見られた。


18日につぼみのヤマシャクヤクを1株見たのだが、途中から五代松鍾乳洞の方に下りていくとたくさんヤマシャクヤクが見られた。


これも自生のものはお花を見るのが初めて(実の付いたものなら他所で見た)。


ミヤマハコベ(ナデシコ科)。かわいい・・・

ごろごろ水のあたりから川べりの自然探求路に下りた。


チゴユリ(イヌサフラン科またはユリ科)がまだ咲いている。我が家のはひと月前に咲いている。
 

これもお初。ラショウモンカズラ(シソ科)。園芸種みたいに花が大きい。これは目立つお花だ。


コンロンソウ(アブラナ科)。お山のアブラナ科のお花は分類が難しい。よくわかるようになりたいな。


コケリンドウ(リンドウ科)。
今年はハルリンドウもフデリンドウも見たので、これで春のリンドウはコンプリートだ!


フタバアオイ(ウマノスズクサ科)。今花盛りだ。

5000歩ほど歩いて、この他にも、ムロウテンナンショウ、マムシグサ、イチリンソウ(咲き残り)、ツクバネウツギ、ミツバウツギ、オニグルミなどなどのお花が見られた。
でも、やっぱりいつか、イチヨウランやヒメイチゲ、コミヤマカタバミ、オオミネコザクラを見てみたいな。

・・・気をとりなおして。
 
昨日は、三重県伊賀市の上野森林公園にハルリンドウを見に行った。
上野森林公園はもともとの里山や湿地を生かしたまま公園整備されたところで、園内の植栽は限られていてほとんどの植物が自生の状態を保ちつつ適切に保護されている。
 
何しろハルリンドウというものを見たことがないので、どんな規模で生えるものか全く見当もつかず、公園内ということもあるしちょこちょこと見られればいい方で、もしかすると見つけられないかも?なんて思いながら出かけたのである。
 
駐車場横にあるコテージで地図をもらってぐるぐる園内を歩いた。
四の五の書かずに、写真を見ていただこう。
 

まず最初に見つけた個体。
もうひとつ別の個体もあって、他につぼみのものがもうイッコ。それでも、あんなトラブルがあってせっかくここまできて会えなかったらサイテーだと思っていたので、会えてよかった~、と思った。


次に見つけた場所はいくつかお花が点在していて、うわ~、群落だ~と喜ぶ。
このフォトジェニックな子を撮ろうとして這いつくばり肘をついたら肘がぬかるみで濡れる。日当たりがよく、湿っているところが好きなお花なのだ。
 

「この先通行禁止」と書かれた向こう側にあったお花。かなりの群落になっていて行って見たかったけれどグっと我慢。
 

うわ~~、うわ~~~!いっぱいだ~~!!

期せずして、地図に示してくれてあるハルリンドウの自生ポイントの中から一番花の少ない場所から私たちはたどっていたらしい。道を進むごとに花数が増える。
 

一番花数の多かった株。これも「涙色の花束」だ。
 

地上の星々だ。

気持ちの良い陽春の日、若葉萌えて目においしい浅い緑たち。美しい青の星々。来年の春までの分の喜びを胸にストックできたみたいな気持ち。
 
他のお花もちょっと。
 

コバノミツバツツジ。名阪国道をこの季節通ると、奈良から三重への県境はまるでコバノミツバツツジの通り抜けみたいに道の両側この花で彩られている。この公園の中もたくさん。残り咲いたヤマザクラとのコラボも美しかった。
 

ウワミズザクラも満開。他に、初めて見たのだけれど、ザイフリボク(ジューンベリーのお仲間)が満開だった。
 

どこかのブログでここにはあると聞いて会えるかな?と思っていたヒメハギにも会えた。

嫌なこともあるけれど、どうしたって楽しいことうれしいこともやってくる。
嫌なことを避けていたら、喜びからも自分を遠ざけてしまう。
私はガツガツと生きたい。

3月19日に出かけた笠置のユキワリイチゲ。

以前笠置にハイキングに来た時に同じ辺りを歩いているのに、こんな素晴らしい場所があるなんて全然知らなかった。


これは開き始め。最初通りかかったのが午前中でまだ気温が低かったので開ききっていず、ハイキングコースの少し奥の方まで行って時間をつぶした。コンビニおにぎりを川のそばで食べた。


お日さまが当たって・・・


日の当たっていないところはこんな風。


後ろ姿。

本当は、月末にでも、滋賀県の土山にある瀧樹神社というところの、ものすごい大群落を見に行くつもりにしていて、笠置の方はほんの試しに行くつもりだったのだが、笠置も本当に見ごたえあって堪能した(ただし、場所がちょっと悪い)。
結局、月末は夫日曜日にしか休みとれず、しかもその日が雨の予報なので、笠置に行っておいてよかった。

今日は西吉野のフクジュソウ自生地へ。

午後に着くように行ったのだけれど、気温低くて、予報と違いどんよりとした曇り空で開かず。
まだまだつぼみも多かったのでもっと遅い方がよかったのだろう。

オノマチのご実家で、梅干しと干し柿とお味噌を買った。お母さんとアライグマの話をした(お家の前にワナが置いてあったので)。黒豆茶をごちそうになった。オノマチのかざらない笑顔とそっくりのお母さんだった。
「カーネーション1日4回見てました!」と言えばよかった。