今日は、母の誕生日だ。生きていれば76歳だ。
こんな「新しい時代」に生きてなくて、多分よかったんだろう。あの人は怖がりだったから、毎日気持ちをすり減らして暮らしただろう。
私としても、母の闘病が今年じゃなくて本当によかった。訪問介護や訪問診療、薬局の人、ベッドや酸素の業者、入れ代わり立ち代わり人が出入りする在宅看取りは、今の時代危険すぎるから。

一生分の不運のように思わないこともなかったが、案外ツイていたのかもしれぬ。

人間というのは、つくづく、じっとしてはいられない生き物なのだと思う。
観光業を、飲食産業を、盛り立てるための施策といいながら、その実、特定のどこかの懐を潤すためだけの事業なのだとわかっているのに、「お得ですよ~」の声にのせられて、旅行に行く、飲食に行くのを止められない。
PCR検査抑制の国の方針?のもと、感染してもそれとわかることが限られ、無症状でもスプレッダーとなり得る病なのだから、出歩かないこと、他人と飲食しないことが抑え込みの第一歩なのに、自分については例外と思うのか、そもそも病気のことをよくわかっていないからか。

いや、それよりも、やはり、人間というものはそういうものなのだろう。遊ばずにいられない。人と語らわずにはいられない。不安だから、なおさらなのだろう。
そして、遊んでも、人と語らっても、その不安を一人の時間に持ち帰ってしまう人の中に死を選んでしまう人もいるんだろう。

太宰治は、戦時中とても健康だった。
作家が書き物を統制されてしまう時代に、多くの作家が筆を折ったりあるいは時局に迎合した翼賛小説を書いた時代に、上手に「書きたいもの」と「書いていいもの」の間を綱渡りして数多くの作品を生んだ。
人々の不安の時代に、明るい、希望の多い、読む人の心に明かりをともすような小説を多産した。

今の自分に、もしかして戦時中の太宰と同じなの?という思いを抱いている。
私は自分を、心の弱いめんへらちゃんだと思ってきたけれど、だからこんな不安の時代には真っ先にへこたれると思ってきたけれど、全然そんなことはない。
庭で植え替えをしているだけで、時々早朝公園で鳥活をするだけで、全然毎日満ち足りているし、人と語らわずとも全く鬱屈しない(そもそも人と語らう方がストレス)。

今、世の中の人は、自分の不安と闘う人もいれば、遊んで気を紛らわしてやり過ごす人、はじめから不安をなかったことにする人、みな不安にきりきり舞いさせられている。
でも私は、生まれてこのかた、不安だけを友として生きてきたので、不安に対して人よりも耐性が強くて、自分なりの「新しい生活様式」を取り入れた後はわりと平然と暮らせてる。
だいたい、夫の病気やら父のことやら、忙しくて。

太宰は、世の中の不安がなくなってから3年しかもたなかった。
私は、この不安の時代の後、どうやって生きていくのかな?


秩序という花。

火曜日に父はリハビリ復帰。
以前のお試し期間の最初の時よりも動けてると理学療法士さんに言われてうれしかったようだ。

昨日は生協までお米を買いに行ってきた。

今年は、西日本はあちこちそうらしいが、奈良もトビイロウンカの被害がすごく、「坪枯れ」というらしいのだが、まだ稲の葉が青いうちに稲田の真ん中の大きな部分がごそっと茶色く枯れる現象があちこちで見られた。

茶色いブチのようになっているところが枯れたところ。

9月の奈良の作況指数は100超えていたけれど、あんなにあちこち枯れていて、自家用米も買わなければならないなんて話も聞くので実際はもっと低いんじゃないだろうか。
いつも食べる県産のヒノヒカリの新米がないかと見に行ったのだけれど、1年度産しかないので、滋賀県産のみずかがみの新米を買ってきた。

お米しか自給できてない国でお米がとれなくなったらどうするのかね。

フラゲした星野源箱はまだ何にも聴いていないし見ていない。
録画したドラマも全然見ていない。
このところは、縫物もお休みで、植え替えと読書だけ。
本は、楽しみにしていた「われらが少女A」の順番がようやく来て雨の土曜日に一気読み。
それから、新刊本コーナーにあった「ウイルスの世紀 なぜ繰り返し出現するのか 山内一也」という本を2日で合間を見てチビチビ読んだ。これも面白かった。

先月初めにやった健診の結果がようやく来た。
危ぶんでいた血糖値関係は拍子抜けするほど数値がよかったが、腎臓の方は軽度腎不全の一歩手前だった。
血圧高めなのと、鎮痛剤の多用だろうなぁ。しかし、ストレスも多いし頭痛いんだもんなぁ。しようがないよなー。


まあ、くねくねとやわらかく、アクロバティックに生きていきましょう。

鼻炎がひどい。

秋のイネ科とヨモギやブタクサだろう。バイクで実家に行くともうてきめんである。
家の中でも、台所にいるとくしゃみが出てくるけれど、換気扇をつけて窓を開けていると、公園の雑草の中のヨモギの花粉が入ってくるようだ。

そんなことで、今日は久しぶりに耳鼻科に行ってアレルギーの薬をもらってきた。
耳鼻科は相変わらず閑古鳥が鳴いていたが、感染に正しくおびえる私はいつものように病院の時は使い捨てのサージカルマスクで頭にはニットのキャスケットをかぶっていた。
内科の薬ももうないので、病院のハシゴである。
内科の駐輪場でまたキャスケットをかぶり(つまり、バイク移動の時はヘルメットをつけているのでいったんキャスケットは脱ぐわけだ)、受付に診察券を出し、待合室が混んでいたのでいったん外に出た。
人が出入りする度に開きっぱなしのガラス戸の出入り口から離れたり、呼び出しに聞き耳を立てるためにまた寄ったり。
そうこうしていて、ふいに、ガラス戸に映った自分の姿の奇異なところに気が付いた。
頭のキャスケットの天辺が、ふくれているのだ。まるで、ちょんまげ頭に帽子をかぶったよう。
?????
帽子を脱いでみた。
中に、なんと靴下が入っていた!

昨日の夜にキャスケットと靴下を洗濯して、今朝乾いていたので取り込んで、靴下も一緒に取り込んでひとまとめにして玄関に持ってきて、靴下のことは全く忘却してそのまま出かける時に持ってきたらしい。何故か帽子の内側に靴下がしっかり入り込んでいてかぶるときもそのままかぶったようだ。

靴下は片方だけだったので、もう一方はきっと家にあるに違いない。とりあえずその靴下はポケットに入れて、処方箋と会計を待ち、調剤薬局に行って薬をもらってから買い物して家に帰ってきた。

・・・が、玄関やそのあたりを探したものの、もう片方の靴下はなかった。
靴下だけ家出をするようなことはなかろうから、多分もう片方も私は持ち出したのだろう。となると、帽子を脱着したのは耳鼻科の駐輪場だから、そのあたりに落としてきたのだろう。

どうして、私はこう、常人のしないような失敗をしてしまうのか。
あーーー、ほんまにオモロイ。

靴下は探しに行かなかった。気に入っていたのだけれど、仕方ない。


昨日、公園で見たキノコ。キノコの名前がわかるといいのだがなぁ。

奈良の感染者は今日は5人で、うち4人はどうも、このあいだの4連休の「成果」であるようだ。これから全国で同じようなことがたくさん起こるのだろう。そして来月からはGotoとらぶるに東京も参戦だ。

歯医者の話。

今の家に越してから、かかりつけの歯医者があったのだが、駅前ではやっているようだったので選んだものの同じ時間帯に予約を詰め込み過ぎているからか、診察室に通された後も歯科医師が見てくれる時間は瞬時ですぐに別の患者さんの部屋に移動されるという感じで、親切に診ていただけるというのには程遠く、ただ椅子に座って待っているだけという時間も長いので、なんとなくいやだなぁという気持ちが募り、治療が済んだ後に定期的にある歯科健診の足が遠のいてしまった。

以前、誕生日に前歯が虫歯で欠けたことがあって、その日はかかりつけが定休日だった。夫の元の職場に近かった歯医者に電話したらすぐ診てくれるということで、小さな欠けだったのでちょっと削ってレジンで充填してその日のうちに治療が済んだ。

かかりつけへの足が遠のいた後、歯の気になる部分ができた時に、前歯を治してもらった歯医者の方に予約を取って、それからはずっとこちらで診てもらっている。
こっちの歯医者はお商売上手なんだろう、お医者さんが何人もいて、診察室も10くらいある。歯科衛生士さんもたくさんいる。待たせないし、一人の先生がかかりきりで診てくださる。

健診も何とか途切れずに通っていたのだけれど、この3月の予約は夫の病状もよくなく、また新型コロナの感染も怖くて、結局予約を電話で取り消した。

ところが、夫の2度目の入院のころから下の奥歯がなんかおかしい。インレーの横が変にギザギザして舌にさわる。それに冷たいものがしみる。
それでも、そのころちょうど奈良は第二波がきていたし気分的に歯医者に行けなかった。
だましだまししていたが、そのうちに熱いものも響くようになってきた。
夫も退院して順調のようで、先延ばしよりも今のうちだろうと予約を取った。

2回の通院で治してもらってついでに健診と歯のクリーニングもしてもらったので(予約飛ばしたことはチクっと言われたけれど)まあよしだ。
次の検診の予約は年明けて2月。そのころ新型コロナがどうなっているかわからないから、ちゃんと行けるかどうかはわからないけれど。

歯というのは、「格差と貧困」を如実にあらわすものだと思う。
母は60歳代から総入れ歯になった。私も弟も歯医者通いはさせてもらえたけれど、それでも最低限の治療で、日ごろのケアはできなかった。
私の下あごの第2大臼歯はないし、上あごの左の第1大臼歯もない。虫歯で神経を抜いた後、脆弱になって、食事中に根まで折れてしまって抜いたものだ。
治療も保険内診療のみでしてきたので臼歯以後はほとんどいわゆる「銀歯」だ。
見た目のことではひけめもあるけれど、それでも、まだ噛むのに支障がないだけ残っている。貧しい中で母が死守してくれた歯だ。

できるかぎりケアして、入れ歯を入れずに済むようにしておきたい。


笠そばの近くで咲いていたリコリス。インカルナータかな?