ヒノキ科花粉症で毎晩のど痛で眠れないところに、荒れたのどに夫の風邪菌がついたらしく、おととい夜から風邪。
2日でティッシュ2箱使った。夜通し鼻をかんでいるので鼻真っ赤。
ゆっくり眠りたいなぁ。昨夜は2時半にpcの部屋に起きてきてラジコで星野源のANNを30分だけ聞いていた。また最初からタイムフリーで聞こう。
庭仕事も小休止。ヒノキの花粉ももうじき終わるからその頃には風邪も治ってるかしらん。早く元気にならないとお山のお花にも会いに行けない。
 

夕方の色っぽいスラワ(チューリップ)。

facebookという場所は、自己承認欲求の培養瓶のようなものである。
 
見てほしい。ほめてほしい。すごいと言ってほしい。認めてほしい。私がここにいることをわかってほしい。
世間的にもう十分すぎる大人で、社会でも家庭の中でもそれなりに自己を確立している人ですら、時にはまるで駄々っ子のように自己承認を求めて叫んでいる。
ときどき、その毒気に当てられてfacebookをあけるのが嫌になる。
 
花のグループに写真を投稿しているのだが、最初に自分に課したことがある。
「いいね!」をもらえなくてもへこまないこと。
壁の中にいるばかりの自分に風穴をあけたくて入ったfacebookなのだから、もとより承認欲求を満たすのは無理であり、それより自分の好きな写真を、自分の好きな植物の話を自分が好きなように投稿しよう、と。
そうして、「友達」もでき、フォローもしてもらえ、投稿すれば「いいね!」も一定数もらえるようになった。

・・・つまらないのだ。「いいね!」を多くもらえる技術のようなものが見えてきてしまったから。
小さな画面で見る花の写真は、アーティスティックなものではなくわかりやすいものが好まれる、とか、コメントに返信するタイミングを分散させるとタイムラインの上位に上がりやすくなってよりたくさん「いいね!」がつくとか。
そういうことがわかると、あえて逆のことをするのが私だけれど、でもそれだって結局「いいね!」にとらわれているのに違いはない。結局巡り巡って私も自己承認欲求の餓鬼になっているのだ。
あさましい。なさけない。

このごろは花のグループに、素直に投稿できなくなってしまった。閉じ始めるとどんどん閉じてしまうようで、最近はいろんなところにいろんな花を見に行っているのになんでも自慢のようにとられると億劫でそういうものもほとんど投稿しない。
ああ、めんどくさい。
私はほんとうに、承認欲求から自由になりたいのに。

庭で忙しくしていて、桜が5分咲きほどになっているのにも気づかなかった。
そんな状態であるのに、逃げ恥のDVDだけは見るのである。

なぜそんなに逃げ恥が好きなのか。それは、みくりと平匡の二人の、自尊感情の低さゆえに物語が生まれるところ、壁を作り自分を傷つけるものから逃げ自分を守ることへの共感のせいなのだと思う。
やがて平匡もみくりもたどたどしくも壁の外にたどりつく。その成長のさまがまぶしい。
 
星野源という人も、思春期以前に人との距離感をつかめずにパニック障害になり、「人見知りである」という壁を作って生き延びてきた人で、だが、仕事を通じていろんな経験をし死病をも経て、その壁の外に出た人である・・・と彼のいくつかのエッセイに自ら書いている。
 
そして私は、ここにいる。
すばらしい物語を観ても、生還して時代の寵児になった人のリアルさを目にしても、自分は壁の外には出られないだろうと思う。
自分を好きになれない気持ちの、このしぶとさ。このカードはどんなチャンスがあったら裏返るものなのだろう?
 

全然関係ないけど、安かったのでつい買ってしまった。
マジョリカの方は実家に植えてやろうと思っている。

雪割草にかまけつつも、星野源まつり。
28日にフラゲで尼から、「逃げ恥」DVDBOXが届いたので(買ってしまったのだ・・・だって特典画像があるというし、何より8話を消してしまったという痛恨のミスが痛かった・・・)、毎日それを見て恋ダンスも踊ってる。
そして昨日はエッセイ集「いのちの車窓から」が届いたので、雨予報の今日まで封を開けずに、今日午後から読んだ。
読み終わってから無性に「SUN」が聞きたくなって、イヤホンで大音量でエンドレスで聞いていた。
也々の仏壇を見たら泣けてきた。
也々への思いを、胸がちぎれるような思いを、柔らかい布で包んでもらったようなこの一年。
あの時、どこかのお店で、有線から流れる「SUN」を聞いてから始まったのだ。


いつか終わるから、踊る。今。

毎日庭で忙しい。花粉症なのにマスクしないで庭にいるので、夜は鼻づまり。喉イタ。
まだまだ睡眠は浅く、3時ごろからはずっとウトウトだけれど、それでも朝になると庭仕事したくてしようがない。

今年は交配もいろいろやりたい。せっかく春が遅くて雪割草が咲きそろいそうだからチャンスだ。
面白い、雪割草は本当に面白い。


オクで買った「紫すだれ」というタネの実生。こんな色合い初めて。サイケデリックな感じだ。