去年、つぼみと実のなったものを見たイチヤクソウに今年はどうしても会いたい。まだお花のきれいに咲いているのは見たことがないのだから。
しかし、梅雨時でお天気と夫の休みのタイミングが合わない。
ネットで情報を探ってみると、なんと近場の二上山でイチヤクソウが見られるというのだ。
矢も楯もたまらず、雨上がりにもかかわらず夫の出勤を待ってバイクでGo!
・・・勇みすぎてカメラ忘れましたがな。道半ばで気が付いて取りに戻りました。

いつものように大阪側の駐車場にバイクをとめ、舗装路ではない、鹿谷寺(ろくたんじ)跡経由で登ってみた。しっかり持ってきたトレッキングポールの出番である。

鹿谷寺は凝灰岩の石切り場の跡地に建てられたお寺で、十三重石塔が残っているんだけれど、石塔は建立されたものではなくなんと、この場にある岩から彫り出されているのだそうだ。
ここから切り出された石で明日香の高松塚古墳はできているらしい。


おじさんは知らない人です。


鹿谷寺跡の裏手から岩場を登ると眺めがよい。ハルカス見えます。六甲山見えます。海見えます。

しばらく登るといつもの登山道に合流。すぐに展望台のある万葉広場に着く。


まだササユリが咲き残っていた。花粉はもう吹いちゃってる。

馬の背へ向かう。


途中、イワガラミが咲いてた。前に来たとき、ツルアジサイかな?と思ってたけどイワガラミだった。まだ葉っぱでは判別できない。

馬の背のベンチで休憩。ものすごく汗をかく。湿気の多い空気が満ちていて汗をかいても体温が下がらない感じ。お茶やらスポーツ飲料のパウチやら必死に飲む。
雨が降ったらいけないので探索を開始。雄岳の方に向かう。


ママコナに会う。シコクママコナやミヤマママコナには会ったことがあるけどママコナは初めて。
道が薄暗いので単焦点レンズだと被写体深度を深くしようとするとシャッタースピードが遅くなってしまってブレてしまう。
ISOを上げると古い方のカメラなので画像が荒くなる。ジレンマ。

脇道も少し探索。
で、あった!のだけれど・・・

近づけない。ズームじゃないからこのサイズでしか撮れず、しかもお花終わってる・・・

別の脇道も探すのだけれど見つからない。ないのかなぁ。
諦めてとりあえず雄岳山頂まで。

雄岳を下りて馬の背から奈良側への登山道を少しだけ下りてみるがやはりない。
諦めて雌岳へ登る。


雌岳への途中にまたササユリ。少し花粉の色が黄色っぽいけど一番のべっぴんさんかな?

雌岳からはまた岩屋峠経由で下山する。


オカトラノオ咲いてた。雄岳途中にあったのはまだつぼみだったから咲いている子に会えてうれしい。

トレッキングポールで楽々下山する。イチヤクソウにはちゃんと会えなかったのでまた情報を探してトライしてみたいな。

去年は結局、咲いているササユリに会えなかったので、とりあえずフォロー的に大神(おおみわ)神社にササユリを見に行ってきた。


まずは腹ごしらえでひさしぶりの笠そばへ。夫のおごり。
笠のあたりにも以前は咲いているササユリを見たものだけれど、この頃は全くなくなってしまった。人が多くなって盗られたのかイノシシか。

大神神社のささゆり園へ。


入口の近くに咲いているヒメユリ。奈良では本当のところ、ササユリよりもヒメユリの方がまれな植物なのだが。


黒背景になったべっぴんさん。


植栽なので各々に支柱があり、風情はない。

ここのササユリは各地から種子を取り寄せて増殖しているので、生粋の奈良らしい形質のササユリは少なく、背の高いのや低いの、葉の広いの狭いの、色の濃淡、葯の色の赤いの黄色いの、いろいろある。
写真には撮ってこなかったけど、石川県産(とネームタグがあった)のでほぼ真っ白のお花があった。背も高く、なよなよしさに欠けて硬質な感じ。場所により個体差激しいのだなと思う。


私の好きな、深紅の葯の咲き始めの子。ホレボレ。


写しやすい個体はなぜか後ろ向き。花数の多い元気な子。


葯の赤い子。花びらが少しフリルで華やか。


これは奈良では見ない黄色い葯の子で私の好みからは外れるけど初々しくてかわいかった。ヒメサユリっぽい。
(いつもの望遠レンズがおねんね中なので鳥活レンズで撮っていてピンアマになってる)


園の外側から生垣越しに撮った子。葯は黄色っぽいけど色が濃くて咲き始めのきれいな感じでステキだった。

植栽のお花は傷みも少ないけれどやっぱり味気ない。自生の子が見たいなぁとやっぱり思う。でも、以前から知っていた自生地では全然見られなくなってしまった。

去年は機会を逸して会えなかったクサタチバナに会いに、行者還岳(ぎょうじゃがえりだけ)へ登った。

朝は5時半に家を出る。登山口のある国道309号線の90番付近は道幅が広くて路駐できるのだが、人気があるのでスペースがなくなってしまうかなと危惧しながら。7時半ごろ着くがなんとか駐車できた。

90番からの登山道は昭文社の地図だと破線扱い。超初心者の私たちで大丈夫か?と去年から危惧していたが、道は明瞭であちこちテープの目印もあるそうなのでダメなら引き返すつもりでトライ。
いつもは一本道の王道な登山道しか歩かないので緊張しながら歩くが事前リサーチが功を奏してちょっと悩むところはあったけれどなんとか道をたどれた。


この登山道のシンボル的大ヒノキ(写っているのは夫)。すごいなぁ。


寄り添って生えているヤマグルマ。ちょうど花時。

しばらく登るとちいさな尾根筋へ。

大普賢岳が見えた。行ってみたいけど、鎖場の多いところらしくて私たちには無理だろうなぁ。


タイタン広場。ここはもう使われていない林道に合流するところで、乗り捨てられたトラック「タイタン」が置き去りになっている。以前は運転席も損傷していなかったらしいのだが倒木があって今はつぶれている。


乗ってた人、どうやって里まで帰ったのかなぁ・・・


ブナの若い実。

ここからはしばらくなだらかな林道の名残を歩き、途中から大峯奥駈道への急登を登る。


目印リボンのある枯れ木にたくさんのセミの抜け殻。小さくてかわいい。

樹林帯を抜けて笹原の登りになり、奥駈道に出た。


こぶのようにきのこが付いた立派な枯れ木。

尾根道から見下ろす木々の中からエゾハルゼミの合唱がうなる。あの小さい小さい体でどうしてあんな声が出るんだろう。
大きなカエデ(ハウチワカエデ系かな?)の目に染みるような緑と真っ青な空!

しばらく歩くと岩場の陰の湿った道に。この先にクサタチバナがあると他の登山者に教えていただく。


ヒメレンゲ。


ミツバウツギ。

かなり登りにくいごつごつした岩の急登を登り抜けたら

クサタチバナのお花畑。


林から吹き上げる風にさわさわと揺れる。


岩場の東斜面に寄り添うように広がるお花畑。その先にはヤマシャクヤクも点在している(もう花後)。


ガガイモ科らしい花の作り。


鼻を近づけるとほんのりいい香りがした。

行こうと思って行けないこともなかったとは思うが、夫の腰が不調だったのでここでUターンして下山。
山頂はまたいつか今度のお楽しみに。
それでも、クサタチバナに会うことができてとても楽しかった。

去年、登山道へ至る道の偵察のみで結局登らなかった釈迦ヶ岳(1800m)に登ってきた。

太尾登山口までの道は去年より落石も道の陥没も少なく、大きく路肩が崩れているところも補修されていた。それでもやっぱりなかなか怖い道だ。309号よりはましだけど。

日曜日なので登山口の駐車場は混んでるだろうなぁとは思っていたけれど、8時過ぎに着いたのに満車どころかすでに路駐も。我が家の車もあいてるところに路駐した。

1468までドシドシ登る。途中ハシゴもある。
前回試しに少し登ったところのシロヤシオはすっかり落花していた。


サラサドウダンが咲いていた。キレイ。

1458まで登るとなだらかな尾根道といくつかのピークを繰り返す。
尾根にはバイケイソウがたくさん。

こんな感じ。


もうスタンバっています。花はかわいいんだけどね。


尾根道で一本だけ満開だったシロヤシオ。


紀州山地の山また山。

これまでトレッキングポールを使っていなかったんだけど、やっぱりあった方が楽なんじゃないかと思い、尼で格安のをポチった。5月20日に試しに稲村ヶ岳をマンモスのところまでポールを使って登ってみた。ホントこれはずいぶん楽だ。
釈迦ヶ岳は隠し水という水場から急登になるのだけれど、体力のない初老デブ夫婦でもなんとか登って行けた。


ピークのお釈迦様が見えてきた(写っているのは他所の人です)。


とうちゃこ~
山頂は人も多いが虫も多く、チョウやらハチやらアブやらハエやらメマトイやらもうブンブンブン状態。
コンビニおにぎりを食べて写真を撮ってから下山。


山頂近くのシロヤシオ、これまで他所で見たシロヤシオは純白だけど、大峰山のものは時々ピンクに染まるものがあるらしいと聞いていてそれを見たかった。他にあまり花が見られなかったけれど、これを見られて来た甲斐があった。

他の人が辿る、深仙の宿から大日岳へのコースをとると満開のシロヤシオが見られたのだと帰宅後ネットで知ったが、体力のない私たちは下山するので精一杯だったので見られずじまい。
でも、1800mはこれまで私が登った最高の海抜。気圧の上下で片頭痛が起きたけどとても楽しい登山だった。

15日の火曜日に、大台ケ原へ行ってきた。


オオイタヤメイゲツ、らしい。きれいな若葉。


マイヅルソウ。お花にはまだ会ったことない。


ツクシシャクナゲ。


ヒメミヤマスミレ?トウカイスミレ?
小さな小さなスミレ。


アケボノツツジ。咲き始めで初々しい。


ヒカゲツツジ。はじめまして。


カップルさんと大蛇嵓(だいじゃぐら)。この日は平日だから人が少なかった。多いとこの場所はイモ洗い状態。

本当なら稲村ヶ岳に行って会いたかったのだけれど、夫婦ともども体力低下体重増で、無理な感じがしたので、高低差の少ないこちらに会いに来た。
会えるかなぁ・・・といぶかしみつつ、みっけた。


オオミネコザクラ。


ヒメイワカガミはちょっと早かった。


鳥活も。コガラちゃん。お初です。めちゃかわいい。


この景色!


これもお目当て。ワチガイソウ。

他のところで、もう実になっているものしかなくて諦めていたところ、夫が発見。

ヒメイチゲ。もうこれで、私が会うことが可能な日本のイチゲ類はコンプしたんじゃないか?


これもお初。コミヤマカタバミ。ミヤマカタバミもかわいいけど、こちらはピンクの筋が可憐で。

もうちょっとで駐車場に戻る、という時、横の斜面の上で物音がしたので見てみたら・・・

アナグマがいた。
じっと私を見て動かない。夫にも教えてしばらく見ていた。警戒はしているようなんだけれど、やっぱり動かない。

「ややちゃんにたのまれてきたの?おとうちゃんもおかあちゃんもげんきだからしんぱいしないようにいっておいて。いっつもややちゃんがすきだよ。ややちゃんのことおもってるよ。ややちゃんのかわりにあいにきてくれてありがとうね。いっぱいごはんたべて、こいびともつくってこどもうんで、げんきでくらしてね・・・」

私が、自分の中にあるおとぎ話をとつとつと話しかけるのを、アナグマさんはずっと聞いていてくれて、私の言葉が途絶えたとき「それじゃいくよ」ってそぶりで身をひるがえして斜面を上がっていった。そして振り返った。
「またね」と声をかけた。

一昨年大台ケ原に来た時も、帰り道でいろんな動物に会えた。おかげですんでのところで事故に遭うのを避けられた(と、心の中の1%くらいで思ってる)。
ここはとても天上に近くて、なくしたものと何かの糸でつながっているのかもしれない。

だって、ほら。

こんなに美しい(オオカメノキ)。


また会いに来るからね。