今日は不動七重滝のある前鬼川(ぜんきがわ)に行ってきた。下北山村である。
 

「前鬼ブルー」と言われる透明度の高い川の水。この間の台風のせいで水量が多いのだろうか。目が醒めるよう。


林道から川辺まで階段を徒歩でかなり下らなければならないけれど、素晴らしい景色。空は青くて緑は濃くて、しかも涼しい。


イワタバコの花があちこちに。
この辺りのイワタバコは葉っぱが小さめ。山盛りに花をつけたりはしないけど楚々としていてよい。

帰りにはとうとう、シシンランにも会えた。それにしても、川という川、どこもここも行楽客でいっぱい。

去年の夏に登って、実だけを見たベニバナヤマシャクヤクに会いに、6月20日に大峰山系の観音峰に登ってきた。
この日のメインのお目当てはベニバナヤマシャクヤクだけど、他に、コアジサイやササユリ、イチヤクソウ、ウメガサソウ、ショウキランに会えるのを期待。
 

登山口からすぐのところに咲いていたサワギク。
 

しばらく登ったところにあった、コアジサイ。ちょうど見ごろで、あたりはいい香りでいっぱい。
 

途中の展望台の後ろに咲いていたウツギ。平地より1か月は遅い。
 

ササユリはまだつぼみ。


トチバニンジンもつぼみ。

観音平を過ぎたところからイチヤクソウを探すものの・・・

これもつぼみ。
ウメガサソウは見つからなかった。

観音平から急になる登りもようやく終わり、観音峰展望台へ。

あった!咲いてた!

色濃いつぼみ。

保護のためのロープが張ってあるのであまり近くでは見られない。
自宅の鉢植えのヤマシャクヤクにくらべると、株全体が大きく、花は小さめに見える。
古い図鑑だと、ベニバナヤマシャクヤクのめしべは5本とあるのだけれど、実際には2本のもあり、5本のもあり、数は決まっていないみたいだ。


展望台から見る山々、中央より少し右寄りのピークは多分八経ヶ岳(近畿最高峰)。
 
前回来たときはこの展望台で折り返し山頂には行っていないのだが、今回は体力にまだゆとりがあったので山頂まで行ってみることにした。急登で、地面がサラサラの砂質なので登りにくいし、虫がわんわん寄ってくる。
ショウキランを探していたのだが会えず。山頂より先の三ッ塚まで行かないとだめなのかもしれない。山頂で昼のコンビニおにぎりを食べてから少しだけ三ッ塚方向に歩くが見つからないので引き返す。

展望台までの下りで・・・

ギンリョウソウ。

またイチヤクソウのつぼみ。7月の頭くらいなら咲いているのかな。
 
ピストンで登りと同じ道を下る。
ここには書かないが会いたかったラン科植物の一つには会えた。もう一つは会えなかった。
 

往きに気が付かなかったが登山口近くになってミゾホオズキを見つけた。

今年になってからなるべく楽なコースを選んでいるとはいえ、いろいろ山に登っているので、少し登山に慣れてきたのか、去年より楽に登ることができた。いろんなお花に会えて、いい一日だった。

やっと夫の休みが取れたけれども、寝ていて腰を痛めたらしく、坐骨神経痛でお尻を痛がるので、日曜日は庭仕事して過ごした。火曜日になってもまだ歩く自信がないというのではじめはどこにも行かない予定だったが、やっぱりそれもつまらないということで、十津川と下北山の境にある釈迦ヶ岳の登山口に通じる林道に行ってみることにした。

・・・今まで出かけた酷い道の中で最高かもしれない。ほとんどの部分は道幅も広く、舗装面もしっかりしていて走りやすいのだけれど、ひどいところは激しく陥没していたり、ガードレールがグチャグチャに破損していたり、路肩が崩れていたり、巨石が落ちていたり。でもとりあえず、太尾登山口に着いた。登山口の標高は1300m。車で金剛山より高い場所に行けるってすごい。

で、木の花の紹介。
 
登山口の駐車場近くでの、ナナカマド。これまで大台ケ原でしか見たことがなかった。つぼみがある。


あ、これ図鑑で見たことある~と。たしか「なんとかグルマ」だよな。家に帰って図鑑を出してきて、そうだヤマグルマだ、と思い出し、索引で引いたら当たってた。この木から鳥もちが採れるらしい。


車のような葉っぱ。

ちょっとだけ登山口から登ってみた。


シロヤシオ(ゴヨウツツジ)が咲いていた。去年はこれ目当てで2か所登ったけれどこの日は全然そのつもりがなかったので会えてうれしかった。もう咲き進んでいる様子で散っている花もいっぱい。


シャクナゲ。これも見るつもりで行っていないのでビックリ。花はくたびれていたけれど、ものすごく大きな木に咲いている様子は植栽では見られないものですごかった。


花じゃないけどナナカマドの葉。きれいだ。

ちょろっと登ってすぐ下りてきて(この少し登っただけのところが登りのしんどいところで、もう少し上まで行ったらあとはずっとなだらかな尾根道なのらしい)、車に戻り、林道を下りながら植物探索。 


ガクウツギ。これがもう、あちこちいっぱい咲いていて見事。
 

花じゃないけど、ユズリハ。こういう木が自生しているところが奈良の北部とは違う。あたたかいのだ。


ヤブイバラ。葉っぱの形が普通のノイバラと違うなぁと。
中央構造線よりも南に分布するバラらしい。家の近所にはミヤコイバラがあるけれど、南北ですみ分けているのだそうだ。 


サルナシ。サルナシらしきつるを見たことはあるけれど、お花が咲いているのは初めて見た。なるのかなぁ、実。食べてみたいなあ(クマも好きだろうなぁ)。 


いい香りがするなぁと見まわしたらコアジサイがいた。本当にいい香りだ。

もう少し車で下って・・・


ズイナの花。初めて出会った。猫のしっぽみたいだ。


ウツギの花。林道の標高の高いところではつぼみ、かなり下りてきて咲き始めていて、国道に下りたら道沿いの斜面は花盛り。


おまけ。国道の、西吉野の方まで来たらあちこちテイカカズラの花がいっぱい。甘い香りだった。
 
家から登山口まで2時間以上かかりそうだが、かなり楽そうなルートなので次の機会はちゃんと装備して歩きたい。

18日の木曜日に、ホントは稲村ヶ岳に登ってみたかったんだけど体力的に無理なので、法力峠のちょっと先まで登ってきた。
その時に、どうにも気になる植物があったので、渋々な夫に無理を言ってまた連れて行ってもらった。


もっと高いところにあるのかなと思っていたのに、思わぬところにあったルイヨウショウマ(キンポウゲ科)。
初めて会った。


これが気になる子。
ちゃんと観察したが、やはりシロバナエンレイソウ(ミヤマエンレイソウ)のようだ。花色が淡紫紅色なのは花が咲き進んでいるからのようで、弁先はもう褐色に枯れかけていた。シュロソウ科(ユリ科)

 
ルイヨウボタン(メギ科)。
18日に咲いていた花がもう散っている。イカリソウもそうだけれど寿命の短い花のようだ。


フタリシズカ(センリョウ科)のつぼみ。


ヒトリシズカ(センリョウ科)の咲き残り。ほとんどがもう実を結んでいたけど少しだけお花が見られた。


18日につぼみのヤマシャクヤクを1株見たのだが、途中から五代松鍾乳洞の方に下りていくとたくさんヤマシャクヤクが見られた。


これも自生のものはお花を見るのが初めて(実の付いたものなら他所で見た)。


ミヤマハコベ(ナデシコ科)。かわいい・・・

ごろごろ水のあたりから川べりの自然探求路に下りた。


チゴユリ(イヌサフラン科またはユリ科)がまだ咲いている。我が家のはひと月前に咲いている。
 

これもお初。ラショウモンカズラ(シソ科)。園芸種みたいに花が大きい。これは目立つお花だ。


コンロンソウ(アブラナ科)。お山のアブラナ科のお花は分類が難しい。よくわかるようになりたいな。


コケリンドウ(リンドウ科)。
今年はハルリンドウもフデリンドウも見たので、これで春のリンドウはコンプリートだ!


フタバアオイ(ウマノスズクサ科)。今花盛りだ。

5000歩ほど歩いて、この他にも、ムロウテンナンショウ、マムシグサ、イチリンソウ(咲き残り)、ツクバネウツギ、ミツバウツギ、オニグルミなどなどのお花が見られた。
でも、やっぱりいつか、イチヨウランやヒメイチゲ、コミヤマカタバミ、オオミネコザクラを見てみたいな。