最近読んだ本のうち、3冊に「隘路」という熟語が使ってあった。
流行ってるのか、あいろ。

単に「狭い道」じゃダメなのか?

あまり普段使わない語句というのは、「オレってこんなにボキャブラリあるんだぜえ」っぽくて、なんか文章が安っぽくなる気がする。

年末年始、いろいろテレビを見る機会が多かったのだが、木枯らしが吹く頃からウチのテレビの地デジの視聴状態が大変悪化してきていて、最悪の場合ブロックノイズが入らずに視聴できるチャンネルが2つになってしまったので、やはり屋根にアンテナを立てないとアカンということか…と悩んでいたら夫が「ブースターをつけたらどうやろ」と言う。
今のアンテナを設置する時にブースターの必要性について考えたりしたのだけど、設置してみたら当時はちゃんと映ったし、ブースター=高価という先入観もあって買うことはなかった。
しかし、一旦快適なテレビライフを半年過ごしてみると映らないテレビというのは本当にストレスで、屋根にアンテナを立てるよりもブースターの方が安く済むだろうし、検討してみることにした。

屋外設置のブースターは10kくらいするのかと思っていたのだが、BSやCSとの混合型でなく、地デジ専用のものならば4000円程度で買える様だ。
Amazonで評価を見てみたらしっかり映るようになったという人がほとんどなのでウチのような映るか映らないかギリギリの場合だとイケそうな感触。
とは言え、言いだしっぺは夫なので、「ブースターをどうする?どうやって設置する?」と聞いてみるのだが、折からの年末進行で家のことには無関心。
大晦日、紅白も地デジでは映らなかったのでBSで見たのだった。

夫にまかせているとウチの中のことは全く進捗しない。
3日に箱根駅伝の復路をノイズを我慢しながら見ていて、この状態は我慢ならん、と設置方法など調べてからブースターを注文した。
翌日の朝、さっそく届いてしまったので、必要なものをホームセンターに買いに出かけた。
アンテナの直下にブースターをつけるので防水のために「自己融解圧着テープ」が必要。室内置きになる電源ボックスへの接続のためにアンテナケーブルの短いものがひとつ必要なのでF型接栓の2個組をひとつ。

家に帰ってさっそく工作活動。
F型接栓をアンテナケーブルにつける工作は半年前にやったのでほとんど忘れていてまたネットで調べた。
なんだかあんまりうまくいかなくて2度やり直した。カシメリングがすごく硬くてやりにくかった(前に買ったのと別のメーカーだったみたいだ)。
仮に設置してみたらそこそこちゃんと映った。とりあえずブロックノイズは回避。テレビ大阪は映らないけれどサンテレビも映るし(なぜ大阪が映らず神戸が映るんだ??)NHK総合は大阪も奈良も神戸も入る。おそるべしブースター。
映る事がわかったので本格的に設置。
自己融解圧着テープははじめて使ったので伸ばしながら巻いていくのが「果たしてこれでうまくいっているのか?」と不安だったけどネットでやり方を見たとおりにやったのでたぶん大丈夫だろう。上から普通のビニール絶縁テープも巻いておいた。
10時過ぎから始めて昼前には片付けまで全部終わり。

現在の受信状態は良好で、テレビ大阪も気が向けば入る。
たぶん年末年始が一番、気候的に電波が入りにくいのだろうなという感じ。
いや~~、よかったよかった。

冬の間は園芸作業も特に無いし犬の目が心配で家を空けられないしネットもこの頃は楽しくもないので、ヒマな時間は本を読んですごしている。

本も最近は頭を使う本は疲れるので小説を読む事が多い。
どんな本が話題でよく読まれているかということに常にアンテナを張っているほどの読書家ではないから、図書館に行っても数少ない好みの作家の小説ばかり借りていたけれども最近は蔵書のほとんどを読んでしまった(新刊で貸し出し順序のまわってこないものは除く)ので、ご新規さんの作家を開拓する必要性も出てきた。
ダヴィンチのランキングを見たり、ブックマークに入れている書評のブログを参考にしたりして読むようになった作家さんもある。
ああ、面白かったなぁと読後満足できる小説は、私の場合ミステリーが多いみたいだ。それも、本格的な推理小説よりも人間描写に重きを成しているもので、著者が人間を描く事が好きなのだなと感じられるもの。
自分の好む本の傾向を改めて知って軽く驚きがある。

最近、自分の本当の気持ちというのは分からないものだなぁとよく思う。

角田光代という作家の本は「八日目の蝉」しか読んだ事が無い。それも、予告だけ見ていたNHKドラマの原作で、放送終了後にオフィシャルサイトのあらすじを読んだら面白かったので借りて読んだといういきさつ。
とても面白かったのだけれど、そして図書館には角田光代の本がいっぱいあるのに、なかなか別の本を借りようという気がおきない。

角田光代の名はたぶん2009年5月2日以降に私にしっかり認知されたのだと思う。この作家さんは忌野清志郎のファンで追悼の文章をあちこちで拝見した。
太宰治生誕100年で特集番組がNHKであったけれども、そのときにもこの作家さんをテレビで見た。太宰治のファンでもあるらしい。
同じものが好き、ならば、この作家さんが表現するものを私が受け取った時に感動が大きいかもしれない…と考えてもいいのだろうと思うのに、私はどうしてだか、この作家さんの本に食指が動かない。「八日目の蝉」はとても面白かったのに。
自分の気持ちなのに、これがどうしてだか分からない。
何故なんだ?

いつか、ちゃんと出会える時が来るのかもしれない。
それが今じゃないだけ?

犬の具合が悪くなった時、これは大変おこがましいこととは承知しているけれどもあえて犬とわが子をごっちゃにする愚かしさを笑ってもらいながら読んでいただけるなら、子どもが病気をするということほど親を苦しめることはないな、と思った。
そして、病弱な私はどれだけ、親を苦しめたことだろうと。
いや、私の親が子の痛みを耐え難く思う神経を真っ当に持っていたと仮定すればの話だけれども。
でもそういう考えが私の中にあったのだということもまた新鮮な驚きだった。
私はやっぱり、私の事があんまり分かってない。

夫が熱海に研修に行ってしまった。4泊の予定だ。
なんか地図をもらって歩いたりして競争するらしい。何年も前に同じ研修に行った時にはボロボロに疲れて帰ってきたから今回はさらに老化しているのだしほとんどゾンビになって帰ってくるかもしれない。
今朝は新幹線が遅れているのもあって間に合わないといけないので朝4時に起きて5時過ぎに家を出た。
最寄り駅まで徒歩25分なので大量の荷物(雨具や防寒グッズなどもあるから)を持ってはいけないし、バイクで荷物運びだけしてやった。自動車免許を持っていないとホントに不便だ。

今日は犬がなんとなく元気ない。
一日中寝てばかりだし、ちょっと左目の眼球が硬い気がする。眼圧が高いのかもしれない。
もし、放置できない異変が起きたら、タクシーと電車で犬を医者に連れて行かないといけない。手術を急がないといけなくなったりするかもしれない。夫がいないときにそんな事態になったら…と不安が尽きない。

この頃の私の精神状態はまるで綱渡り。去年の暮れに犬の目の事が一旦落ち着いてホッとしたけれど正月(実家に行くというイベントが既にすごくノウミソの状態を悪くする)と大雪が重なってかなりダメージで、それを癒しているさなかに犬の左目の水晶体脱臼でドツボ。
先週は、必死にこらえて笑っているつもりなのに、犬の顔を見ると嗚咽がこみ上げてきてしまった。
土曜日、「痛くないはず」というお医者のことばに少し気が緩んだけれども、いつどうなってもおかしくない犬の目のことだし、何があっても一人で対処しないといけない今日から5日間は耐え難い緊張だ。
しかし、しかし、頑張るしかないけども。犬のほうがもっと辛いはずなのだから。