大型連休の最初の日曜日、夫の休みに曽爾(そに)高原に行ってきた。
本当ならオオミネコザクラが咲き始めたという稲村ヶ岳に行きたかったのだが、連休の最初の方は混むだろうし足慣らしも必要だと思いこちらへ。

曽爾高原ファームガーデンに車をとめ、東海自然歩道を歩いてお亀池まで登る。朝から気温が高くなかなかハード。


登り道で見たヒメコウゾ。


お亀池の広場まで来てちょっと休憩。空がムチャクチャ青い。

亀山峠まで登ってみる。暑いのもあるけれど歩きにくい。ここまで体力が落ちているとは思わなかった。
若い人たちにどんどん追い抜かれる。
倶留尊(くろそ)山まで行くと入山料を取られるので二本ボソの手前まで登った。


お亀池がちっちゃい。

また亀山峠まで戻り、亀山に登って、お亀池の茶店の横に出る遊歩道を下りる。


倶留尊山方面。

下り道にはお花がたくさん。


ナナカマド。もう咲いてる。


ヤマツツジ。きっと葛城山も見頃なんだろうと思いながら見る。

茶店(シーズンオフなので開いていない)からお亀池の西側を通ってまた広場に行き、コンビニおにぎりを食べた。日向は暑いが風がよく通る。
休憩してからお亀池の東側を通り、車道から山を下った。

車道沿いには、

ザイフリボクの花。大きな木だった。たくさん実がなりそう。


あでやかなミツバアケビの花。

非常にバテてしまい、ファームガーデンでヤーコンソフトクリームを食べて一息ついた。こんなことでは今シーズンのお山行が思いやられる。

ほぼ1年前、夫のpcの外付けHDDがクラッシュして、金剛山で撮ったニリンソウの写真がなくなってしまったので、またあのお花畑を再訪しようと金剛山へ。
ただ、奈良側の郵便道から登るのは体力的に無理そうと判断したので、大阪側からロープウェイに乗って谷まで下る、という怠け者パターン。


山頂ロープウェイ駅にはまだ桜が残っていた。

ゆるゆると、山頂への裏通りの方を歩く。


トウゴクサバノオ。けっこういっぱいある。


咲き終わりのシロバナネコノメ。


ヤマルリソウは花傷みがなくてきれいな時。


ほんのちょっとだけ生えてたニリンソウ。


ミヤマカタバミ。


転法輪寺の桜。

広場で11時の集合写真におさまり、それからニリンソウのお花畑の谷に下ろうとしたら登山道が通行止めになってる。
去年行った道しか知らないので途方に暮れた。それでも、他の登山道からのう回路があるかも?と思い下ったのだが、やはりお花畑方面に行く道は通行止め。仕方なく山頂に戻る。

そのまま帰るのはつまらないのでいつも行かない方向に向かって歩いていたら


カタクリの群生地があった。以前よく、葛木神社の参道の方を歩いているときに横から参道に上がってくる人を見たけれど、この群生地を見た帰りの人だったんだな。

そのまま道を進むと鳥活の人たちがいたので便乗させてもらう。この場所もネットでは見たことがあったけれどバードフィーダのある観察ポイントだったらしい。


カケスさん。なかなか近くでは撮れない。


初めて見た、ゴジュウカラさん。他の人は撮りそこなったみたい。運がよかった。


バードフィーダーにきた、ヒガラさん。こちらもお初。

ここの鳥は、手乗りをしてくれることで有名で、特に冬にはピーナッツなどを持っていくと手に乗って食べてくれると聞いていた。
この日も鳥好きさんたちが入れ替わり手乗りをやっていた。


すぐ前にいた人の手にヤマガラが乗ったので便乗して激写。

お花畑には行けなかったけど、思わぬ鳥活ができたので満足して山を下りることにした。帰りはいつものように伏見林道から。


街中では終わってしまったヤマブキがとてもきれいだった。

毎年のお楽しみで、ここ数年欠かさず出席しているイカリソウの講座に今年も参加してきた。
場所は大阪鶴見の咲くやこの花館。

少し早めに出てお昼をカドヤ食堂今福鶴見店で食べた(写真なし)。久々のラーメン、おいしかった。

まずは展示を見る。


名前を控えてこなかった。「大紫なんとか」?
交配種。もう圧巻の美しさ。株分けポットが直売であったのだけれど、な、な、なんと、35k!指くわえて見てるだけでしたわ。


これ凄い好み。これも名前控えてない・・・

写真もあんまり撮らずに講座へ。

植え替えで根をいじっていいのは6月だけで、秋に植え替えるときは土を落とさないようにしたほうがいい、というのが目からうろこ。これまで秋でもしっかり根をいじっていましたがな(夫は特に根洗い好きなので・・・イカリソウにしたら死ぬ思いだったのかも)。

交配のコツ(どんなものとどんなものを掛け合わせるとどういった傾向になるなどの貴重なノウハウ)などもたくさん教えていただき、めちゃめちゃハッパをかけられて帰宅した。

(これを書いているのは6月2日だが、今年の交配は25《実際には33したのだけれどそのうち8つは不稔だったので》も頑張っちゃったから、来年の発芽andポット上げが今から恐ろしい・・・)

改ざんとか日報隠しとかウソとかウソとかウソとか、セクハラとか暴言とかシビリアンコントロール崩壊とか、もうやだやだやだーーーーって叫びたくなっちゃうことばっかりなので。


昨日見た公園のハナミズキを貼っておきます。
せめていのちの美しさで心を洗おう。

夫が健保のウォークラリー(毎日歩いた歩数をネット上に記録するイベント)に参加していて歩数を稼ぎたいので、馬見丘陵公園に行ってきた。

今年はチューリップも早すぎてとっくに見頃は去っていたけど、公園を歩いている人は多い。


ハボタンの花、きれい。


クレピス、ウチのはほとんど白といっていいほど淡いピンクなのにここのはちゃんとピンク。今度は買った種を蒔こう。


他は無残な様子だったけどこの場所のは何とか鑑賞できる。


池をのぞいているヌコさま。


真ん中の筋はガボタ。ずいぶん家では植えていない品種だけれど。こうやってみるとやっぱり好きだな。


ハナミズキってあんまり撮ったこともしげしげ見ることもないけど、はなやかでいいピンク。
ハナミズキの花見ると姪を思い出す。元気にやっていればいいが。